プロフィール

リュータ

Author:リュータ
アストルティアを旅する魔法使い。呪文もだけど作文はもっと得意!
★つよさ・装備・住所はこちら
★ツイッターはこちら

月別アーカイブ

2016年 09月 【11件】
2016年 08月 【3件】
2016年 07月 【11件】
2016年 06月 【15件】
2016年 05月 【27件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【14件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【15件】
2015年 12月 【12件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【16件】
2015年 09月 【17件】
2015年 08月 【15件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【14件】
2015年 05月 【10件】
2015年 04月 【13件】
2015年 03月 【13件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【5件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【5件】
2014年 04月 【1件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】



このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

Copyright© 魔法少年 マジカル★リュータ. all right reserved.
ブログ更新情報配信(RSS)
魔法少年 マジカル★リュータのRSSフィード
337

真の狙いは? アスフェルド学園にりっきーが込めたもの

「アスフェルド学園」がいよいよ11月1日に開校するそうです。まあなんというか、「釣りやお宝の写真みたいに、遊びたい人だけ遊んでほしいサイドコンテンツ」「(学園外の世界で)強くなるための報酬はありません」という回答に拒絶反応を示している人が多いようですね。ぼく? ぼくはだいじょうぶですよ。むしろ、ちょっとりっきー、かわいそうかなあと。今回のDQXTVをざっと見た感じだと、かなりネット上でいわれている批判の声... <a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/781.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/781.jpg" alt="781.jpg" border="0" width="600" height="330" /></a><br /><br /><br />「アスフェルド学園」がいよいよ11月1日に開校するそうです。<br /><br />まあなんというか、「釣りやお宝の写真みたいに、遊びたい人だけ遊んでほしいサイドコンテンツ」「(学園外の世界で)強くなるための報酬はありません」という回答に拒絶反応を示している人が多いようですね。<br /><br />ぼく? ぼくはだいじょうぶですよ。むしろ、ちょっとりっきー、かわいそうかなあと。<br /><br />今回のDQXTVをざっと見た感じだと、かなりネット上でいわれている批判の声を気にしているのが伝わってきました。例えば「バトルごとにスキルや宝珠ふり直すのがめんどくさい問題」について触れたりね。<br /><br />学園についても、まずあのちょっとドラクエから外れたキャラの絵を見て「別ゲー」「ドラクエにこんなの期待してない」「やりたくない」という声が非常に目立ち、また「報酬で釣ってむりやりやらせるな」との意見も多かったので、このように言ったまででしょう。<br /><br />最終的に「無理にやらなくていいですよ」って形にしないと場が収まらないと判断したんじゃないかな? 本音をいえばせっかくがんばって作ったコンテンツなんだし、できるだけ多くの人に遊んでもらいたいに決まっています。<br /><br />いずれにしても学園は、あまりにも「絵だけをみて」語られ過ぎた。その結果、紆余曲折していじられ過ぎた。<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />「まったく新しい遊びをドラクエ10につくりたい」<br /><br />出発点はこの発想だったのは間違いないでしょう。中長期展望で「アストルティア学園」としてまず語られたのが確か2015年の6月(バージョン3.0前期期間中)だったと記憶しています。<br /><br />この時点で、りっきーのいう「まったく新しいクエスト」として、すでに「ミステリークエスト・紅玉館」が実装されていて、次の「新感覚クエスト」として直後に「妖精図書館クエ」と大型バトルコンテンツ「不思議の魔塔」がひかえていました。<br /><br />ふつうの考えなら「まったく新しい遊び」と言われたら、「おお、なにかゲームの歴史を変えるような革新的なゲームのアイデアを思いついたのか!」と思うでしょ? 違うんです。ドラクエ10の場合は。<br /><br />ぼくのブログを以前から読んでくれていた人はすでにご存じのはずですが、こういうことなんです。<br /><br /><br /><span style="font-size:large;"><span style="color:#0000FF">りっきー語 「まったく新しい遊び」<br />↓<br />訳 「メインの世界で積み上げてきたステータスや装備、ゴールドをなかったことにする」</span></span><br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/781a.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/781a.jpg" alt="781a.jpg" border="0" width="500" height="231" /></a><br /><br /><br />ですので、今回「魔塔とおなじかよ!」みたいな戸惑いの反応がありましたが、ぼくはじゅうぶんに覚悟していたものでした。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />また、校則で制服以外も認められないだろうなあと確信していました。<br /><br />これはなぜかというと、バージョン2.0実装前のネット上の開発者インタビューで、「ドラクエらしいカジノにするために、工夫した点を教えてください」という質問に対し、<span style="color:#FF00FF">「スロットの絵柄をスライムにしたことですかね」</span>と、さらりと言ってのけたりっきーの過去がとても強く印象に残っていたからです。<br /><br />あのときは本当にぼくも衝撃でした。「えっ?」と。だから今回も「学園らしさ」をだすために学生服の義務化はしてくるだろうと予想はしていたのです。<br /><br />ただ、これはちょっと心配でもあります。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/781b.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/781b.jpg" alt="781b.jpg" border="0" width="430" height="307" /></a><br /><br /><br />ぼくは、あるときからずーっとこのドレア一筋で通していますが、それはドレスアップも含めて自分の分身としてドラクエを遊んでいます。<br /><br />それには理由があって、髪型とか顔つきのバリエーションなんてそんなにないわけです。だから服まで体の一部としないと自分とまったく同じ姿の人がたくさんいる世界になってしまって、RPG(ロールプレイング)として面白くないと思ったんですね。<br /><br />とくに頭の「まじないしターバン」との組み合わせは、ぼくがぼくであるための記号として、いつなんどきも意識してつけています。<br /><br />ゴウレさんには、いつも「ピピーッ」と怒られていますが。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/781c.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/781c.jpg" alt="781c.jpg" border="0" width="547" height="327" /></a><br /><br /><br />職業も魔法一筋で通していたのもそういうことです。ぼくはこのドラクエの世界で「なんでもできる上手いドヤ顔ゲーマー」として遊んでいるわけではなく、「力は弱く欠点だらけだけど魔法力ならだれにも負けない魔法使い」として遊んでいたので。<br /><br />これはリアルのぼくも不器用でスポーツも苦手で、とても思い入れのある分身のカタチでもありました。<br /><br />こちらの楽しみも、りっきーが「みんなに遊んでもらいたい」といったお気に入りの神コンテンツ「邪神の宮殿」により強制終了されてしまいましたが。<br /><br />あ…ちょっと話がズレちゃいましたね。<br /><br />学園です。<br /><br />みんな同じ制服(といってもポケモンGOでいうところの4つのチームによって分けてくるだろうけど)で、同じような身長で(高校ぐらいの設定?)、この世界観ならどーせみんなアイドルみたいな美男美女にするわけでしょ? (モテないキャラで学園生活送りたい人いますか??)<br /><br />純粋にキャラの区別つくのかなあとw アニメとかでこういった絵柄の「学園モノ」が成立するのは登場キャラが限られているからでしょう。MMO(オンラインRPG)でそれ、やりますか?? と。<br /><br />まあ、学園内報酬として、制服姿に変化をだすためのメタル系アクセサリとかいろいろ出してくるのかな? なんか怖い人たちばかりの学園になってしまいそうですが。<br /><br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />さて、そんなぼくも、さすがにキャラクターの見た目さえ強制的につくりかえさせてくるとまでは予想していませんでした。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/781d.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/781d.jpg" alt="781d.jpg" border="0" width="500" height="229" /></a><br /><br /><br />ようは早い話が、キャラクターの名前とID以外はなにも持ち込めない完全別ゲーということです。<br /><br />ここまで筋金入りの<span style="color:#FF00FF">「まったく新しい遊び」</span>に仕上げてくるとは思いませんでした。<br /><br />ただひとこと言わせて。<br /><br />だったら名前も変えさせてよ。「リュータ」って名前じゃjkになれないじゃん(-_-;)<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />とまあ、こんな心配を抜きにすれば、そこそこ楽しめるんじゃないかな? と思っています。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/781e.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/781e.jpg" alt="781e.jpg" border="0" width="500" height="247" /></a><br /><br /><br />少なくとも「つよくなって(最近は強くなってではなく上手くなってになってしまいましたが)ドヤるための苦痛の作業」ではないことがはっきりしたわけです。<br /><br />スライムレースは本当に久しぶりにゲームをしている時間自体が楽しいと個人的には思えるものでした。<br /><br />「つよさ」っていうのは文字通り「強差」なわけです。他人との「差」であり比較だから、どうしても差をつけるために「どれだけ苦労したか」という競争に持ち込むしかなく、同じ作業の繰り返しになってしまいます。<br /><br />今回、つよくなるための報酬をつけなかったことは、新しい遊びを体験してほしいという狙い通りで、いさぎよいといえます。<br /><br />批判の声はわかります。<br /><br />「学園内だけのキャラなんて育てる意味ねーだろ」<br /><br />たぶん学園内のキャラ育成もよくあるオンラインRPG的な苦痛の作業の繰り返しになるという考えから抜け出せないのでしょうけど、りっきーが学園でやりたかったであろうことは、そういった古いオンラインからの解放だと思うので、そもそも苦労して育てる必要もないでしょう。<br /><br />たぶん、オフラインのドラクエ感覚でサクサク育つと思います。オフラインのドラクエも、終わりの決まった閉じた世界の物語の中だけのキャラ育成ですが意味がないということはないでしょう。だから「とにかく楽しんで」なのかなあと。<br /><br />「それ、オンラインの月額料金でつくるものなのか?」「ドラクエ10の中に別ゲー作る意味は?」<br /><br />もっともな意見だと思います。ぼくも最初は「そういったオフライン的要素は、ドラクエ11で期待されているんじゃないの?」と思いました。<br /><br />ただ、りっきーが学園を将来こうしたいみたいな夢を語っていたけど、学園は学園で並行してアップデートしていくというオンライン要素をだしていくのでしょう。また「クラスメイト」をつくるといった遊びもオンラインの中でないと成り立たないでしょう。<br /><br />あとは素材のリンクでしょうか。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/781f.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/781f.jpg" alt="781f.jpg" border="0" width="600" height="323" /></a><br /><br /><br />ネットでは「本編そっちのけで学園なんかに限られた開発費用と人員をつぎこんだせいでスカスカになった」というとらえかたが主流のようですが、たぶん開発者からしたら学園のねらいは「いかに開発費用をかけずに新鮮に感じられる遊びを生み出すか」ということだったんじゃないかなあと。<br /><br />「いかに開発費用をかけずに」=使いまわしです。<br /><br />学園で使われているものはグラフィックのテクスチャにしてもキャラのモーションにしても、バトルでの演出やシステムにしてもほぼ使いまわしだと思います。<br /><br />学園という舞台設定も、「使いまわしでもそうは感じさせず、新鮮な遊びとして感じてもらうために」そうする必要があったのではないでしょうか。<br /><br />素材はドラクエ10の使いまわしなのに、ドラクエらしいキャラと舞台だったら「なんだ、ただの使いまわしの手抜きコンテンツじゃねーか」としか感じられませんからね。<br /><br />「ドラクエらしくない」と批判を覚悟のうえでこうしているのにも、こういった理由があると推測しています。<br /><br />まあ、りっきーは「やりたいひとだけ」といっていますが、まずは遊んでみましょうよ。<br /><br />そうそう。開発的にはゲームのパーツをドラクエ10と学園でリンクさせているわけですが、ぼくたちプレイヤーは学園のクラスメイトといつものドラクエ10のフレをリンクさせることもできるわけです。<br /><br />みんなでイカした学園生活をおくりましょう。<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1739519:3474"><img src="http://banner.blog.with2.net/?id=1739519&seq=6" border="0"/></a><br /><br /><span style="font-size:large;"><strong>よい記事だと思ったら上の画像をクリックしてね!</strong></span>またみてね★<br /><br /><span style="font-size:large;"><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/" title="★トップページに戻る">★トップページに戻る</a></span>
336

もう、がんばりたくない

ACTをはじめとした外部ツールの問題の話の締めくくりとして、まん延が避けられない中、どう考えればいいか、運営にはどういう選択をとって欲しいかを書くつもりでしたが、やめました。…すごい評判悪いみたいなので。ぼくはこの問題はアストルティアのみんなが一緒になって考え、向き合うべきだと思ったまでです。どうせ隠し通せないんだから。WiiUや3DSでドラクエ10をプレイしているキッズだってスマホでドラクエ10の公式以外の情... <a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/780.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/780.jpg" alt="780.jpg" border="0" width="600" height="340" /></a><br /><br /><br />ACTをはじめとした外部ツールの問題の話の締めくくりとして、まん延が避けられない中、どう考えればいいか、運営にはどういう選択をとって欲しいかを書くつもりでしたが、やめました。<br /><br />…すごい評判悪いみたいなので。<br /><br />ぼくはこの問題はアストルティアのみんなが一緒になって考え、向き合うべきだと思ったまでです。どうせ隠し通せないんだから。WiiUや3DSでドラクエ10をプレイしているキッズだってスマホでドラクエ10の公式以外の情報はガンガン見ているわけです。<br /><br />それでもパソコンとかネットワークの話は専門用語も多いので、情報格差を埋めるためには、パソコンに慣れていない人もサーバーとクライアントの違いぐらい知っておかなければいけないし、まずはそういったものの解説からはじめました。<br /><br />すいません。余計なお世話だったみたいですね。<br /><br />みんながそれぞれ思い描くドラクエ10のこれからを、ひとりひとりが信じていればいい。<br /><br />過去の民族・宗教問題や経済格差から戦争、テロは絶対に避けられないので政府はキレイごとを言っていないで現実的な対応をとるべきという立場の人もいます。<br /><br />その一方で、そうやって戦争が起きることを想定した国づくり自体を戦争誘発行為と考えて、街角で「戦争はんたーい! 核兵器ぜったいダメ!」って訴えてれば、この世から兵器はなくなり世界平和は訪れると信じてやまない大人だってたくさんいるわけですから。<br /><br />それはそれで無力ではあるけど、無意味ではない。戦争を世の中からなくすために地道だけど大切なことだし、どちらも必要な立場だ。<br /><br />ぼくが「この先、ドラクエはこうなる」と予想したことなんて、しょせん、ぼくの中のものでしかないのでしょう。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />けど正直、がっかりしました…<br /><br />ぼくのブログはただの趣味だから、それで何かをもらおうとしているわけじゃないです。<br /><br />だけど、ガッカリするのはつらいね…。睡眠時間削って、夢中になって仕上げたブログ記事を送り出して、非常に眠い中で反応とかランキングを見てみたら最悪というのはね。<br /><br />もうガッカリしたくないです。がんばるのやめようと思います。<br /><br />その前のインタビュー記事。あれもコメ欄では「よかったよー」ってけっこうもらったけど、ランキング的には悪かったです。このときもガッカリしました。<br /><br />ブログやってても非常に眠い思いしてストレス溜まるだけになってしまいました。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />前に有名塾講師の林先生が司会をしているテレビ番組で、「がんばっちゃダメ」みたいなことを言っていたんだよね。<br /><br />どういうことかというと、「自分が死ぬ気でがんばらないとできないことは、世の中の他の誰かが頑張らないでも達成できているので、その道のプロにはなれない」と。そういう話でした。これはこれで一理あるんでしょうね。<br /><br />たしかにドラクエの音楽のすぎやまこういち先生の過去の話を読んでいると、失礼だけど、あまりがんばってきたようには聞こえない。<br /><br />もともとあの当時(戦前)に家族で音楽会を開くほどの音楽に恵まれた家庭で育った。なのにピアノは弾けない。だからといって死ぬ気でピアノの練習をするわけではなく、作曲家を志す。ピアノが弾けないから本当は行きたかった音楽大学にはいけず代わりに「東大にいった」とさらりといってのける。<br /><br />天才なんだろうね。じゃあ、なまけていたのかというとそういうわけではなく、入学した高校に音楽部がないとわかるや自ら創設してオーケストラ演奏をも実現する。めちゃくちゃ行動力があるわけです。<br /><br />ただ「がんばりましたー」なんていうのは甘えで、なにをどうがんばるか、っていうのがすごく大事なんだろうね。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />あと、もう一つ気づいたことは、「本物しか求められていない」ということかな。<br /><br />ぶっちゃけていっちゃえば、ぼくのブログのように、ぼく個人の考えをメインに書いたブログよりも、ランキング上位の公式情報をほとんどそのまま速報して、自分の考えは当たり障りのないものを添えておく程度のもののほうがずっとアクセス数が多いわけです。<br /><br />でもこれは考えてみれば当然のことで、ほとんどの人は「公式の情報=本物」しか求めていないのでしょう。<br /><br />「がんばって自分で考えて、自分で書いてみました」なんていうのは自己満足でしかなく、他人にとってはどうでもいいこと。<br /><br />Youtubeの音楽もそうです。<br /><br />ぼくが「ようつべ魔法音楽館」としてアップしているものは、ほかの人の作曲、オーケストレーションしたものだけど、指揮者・演奏者として、演奏データを100%自分で手入力、編集調整し、自分なりに想いを込めたり、新鮮に聴こえるように他ではない工夫を盛り込んでつくっています。がんばらないと実現できないです。<br /><br />でも、視聴回数が圧倒的に多いのは、自分では何もせずにゲームやCDの音源をそのままコピーしてアップしている人のほうなんだよね。そういうただのコピーが「素晴らしい!ありがとう」とか「感動しましたー」といったコメントとともにみんなに喜ばれる。<br /><br />これも結局は、みんな「本物=公式」を聞きたがっているのであって、どこの馬の骨かもわからない人の想いと工夫がこもった人の演奏なんて興味ないんでしょう。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />「趣味なんだから他人にどう思われようが、自己満足でいいじゃん。好きでやってるんでしょう?」<br /><br />そうだね。でも、ネット上でなにか行動をするってことは、必然的に同じようなことをしているほかの人をたくさん見てしまうわけだし、どうしたって比較してしまう。グーグルの検索順位などで嫌でも比較の対象になってしまう。人気のブログ主は「アクセス数〇〇達成」と発表する。それに対して自分は…無関係ではいられない。<br /><br />オンラインゲームもそうです。他の人が違反外部ツールを使っていようがいまいが、自分は自分で運営が決めたルールの中でベストを尽くして攻略していけばいいだけのことです。でも「不公平だー」とか「DPSチェックで比較されているかと思うと…」みたいなことをいう。<br /><br />ぼくはもちろん、違反外部ツールは禁止するべきだと思うし、(可能ならば)撲滅するべきだと考えています。でも、悩んでることはぼくのネット活動と根は同じだと思った。<br /><br />ネットでなにかを形作ろうとしておいて、「他人と比較されたくないです」というのはどこまで優先順位の高い権利なのかを、一度考える必要もあるんじゃないかな。<br /><br />そして、ドラクエ10オンライン界隈でいちばん「がんばっても報われないなー」と感じているのは、誰よりもりっきーをはじめとした開発運営の人たちなのかもしれないね。<br /><br /><hr size="1" /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1739519:3474"><img src="http://banner.blog.with2.net/?id=1739519&seq=6" border="0"/></a><br /><br /><span style="font-size:large;"><strong>よい記事だと思ったら上の画像をクリックしてね!</strong></span>またみてね★<br /><br /><span style="font-size:large;"><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/" title="★トップページに戻る">★トップページに戻る</a></span>
335

PCの支配する世界 不正ツールとのつきあい方 その2

前に「日本の若者はパソコンが苦手な人が多い」とニュースで伝えていたのをみたことがあります。やんわりと「こんなことで日本の将来は大丈夫か?」と言いたげなものでした。確かに片手で使えて持ち運べるスマホは便利です。その一方で、何かを創り出したり、編集したり、そもそも文章を書くこと自体がスマホよりもパソコンのほうが圧倒的に向いています。パソコンは魔法の箱です。OS(windowsなど)にアプリを、そのホストアプリ... <a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/779a.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/779a.jpg" alt="779a.jpg" border="0" width="600" height="357" /></a><br /><br /><br />前に「日本の若者はパソコンが苦手な人が多い」とニュースで伝えていたのをみたことがあります。やんわりと「こんなことで日本の将来は大丈夫か?」と言いたげなものでした。<br /><br />確かに片手で使えて持ち運べるスマホは便利です。<br /><br />その一方で、何かを創り出したり、編集したり、そもそも文章を書くこと自体がスマホよりもパソコンのほうが圧倒的に向いています。<br /><br />パソコンは魔法の箱です。OS(windowsなど)にアプリを、そのホストアプリにプラグインを足していくことで「やりたかったこと」が魔法のように叶っていくのです。<br /><br />パソコンに不可能はないです。間違えなくいえることは、パソコンを操れるスキルが高ければ高いほどその人の人生にとって趣味でも研究でも仕事でも有利になることでしょう。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />だけれども、パソコンを夢の箱とするならば、オンラインゲームもまた夢の箱庭です。<br /><br />リアルでは決して逃れられない格差から解放されて、生き生きと時間を過ごすことができるのがドラクエ10のようなMMORPGの良さといえるでしょう。<br /><br />リアルではイマイチでもゲームなら美男美女になれる。体に障害があっても気持ちよくジャンプできる。周りからほめてもらえる。<br /><br />今回問題となった「ACT」をはじめとした同様の外部ツールの問題点を一言でいえば「不公平」ということになります。<br /><br />WiiやWiiU、3DSといったCS(コンシューマー。この場合、家庭用ゲーム専用機のこと)でドラクエをプレイしている人と、パソコンでプレイしている人の間で不公平があるのは夢の世界の理念に反します。<br /><br />なぜなら、<span style="color:#FF00FF">リアルの世界である格差を極力排除するのが(ロールプレイング)ゲームとして理想</span>なのだから。<br /><br />現実にある能力差、環境などを反映して競いたければ、それこそリアルのスポーツとか、マネーゲームとかそっちやってればいいじゃん。<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><span style="font-size: large; "><span style="background-color: rgb(102, 52, 152); "><span style="color: rgb(255, 255, 255); "> ■ 運営の「警告」から読み取れるもの       </span></span></span><br /><br /><br />2日前に運営からこのような「おしらせ」がありました。<br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/779b.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/779b.jpg" alt="779b.jpg" border="0" width="618" height="278" /></a><br /><br /><br />上の段で書いたような理由から「禁止」は当然です。そして<span style="color:#0000FF">「適宜対応を行ってまいります」</span>とあります。<br /><br />でも、考えてみればこれはおかしな話です。<br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/blog-entry-333.html" target="_blank" title="前回のその1「ACTのしくみ徹底解説」">前回のその1「ACTのしくみ徹底解説」</a>で書いたように、この手の外部ツールは、かなり以前からあったそうです。<br /><br />オンラインゲームに詳しい人の話によると、同じスクウェア・エニックス社のFF11やFF14でも当然のように使われ、まん延していたそうです。だから、ドラクエ10でもPC版を開発した時点で当然、同じような外部ツールが誰かの手によって使われだすことを予見していたはずなのです。BOTやRMTのように。<br /><br />にもかかわらず、これまでACTなどの外部ツールを使ってBANされたという人の報告は、自ら運営に問い合わせて自白した人以外、ぼくの知る限り存在しません。<br /><br />じゅうぶんに予測されていて、かなり以前からあった外部ツールの問題にPC版発売から3年経ったにも関わらずまったく対策がとれていない現状。<br /><br />これは、裏を返せば、「できない」と言っているに等しい。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />極めつけは<span style="color:#0000FF">「なお、セキュリティに関わる内容のため、対応内容などの詳細な説明は控えさせていただきます」</span>の一文です。<br /><br />不正ツールを使用していない一般的なプレイヤーが望んでいる報告とは<span style="color:#FF00FF">「○○○○人に対して一時停止などの重い処分をしました」</span>というものです。<br /><br />これを無しに、あーだこーだ技術的な専門用語をもちいて「対処してますよー」みたいな説明をしても誰も納得しません。「で、つまりちゃんとやった人はBANしたのか? 結局やったもの勝ちなのかよ」と思われるだけです。<br /><br />やはり、できないのでしょう。たぶん。<br /><br />ネットで話題になっている自白して処分されたような人や欠陥的な使い方をした人だけをかき集めて「124人をBANしました」程度の報告ならできるかもしれない。でもその規模だと「ネットでこれだけ話題になっている以上、ほかにももっとやってた人はいるはず。それはおとがめなし?? アホらしー」となる。<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><span style="font-size: large; "><span style="background-color: rgb(102, 52, 152); "><span style="color: rgb(255, 255, 255); "> ■ 「できるけど、できない」 現実の壁    </span></span></span><br /><br /><br />外部ツール使用の発見と処罰を難しくしている理由。それは<a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/blog-entry-333.html" target="_blank" title="前回">前回</a>説明したように、職人チートツールや不具合の利用、異常な操作入力と違って、運営の管理するサーバーにまったく証拠も足あとも残さない不正だからです。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/778i.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/778i.jpg" alt="778i.jpg" border="0" width="700" height="281" /></a><br /><br /><br />で、ここから前回の続きなのですが<br /><br /><span style="color:#FF00FF"><span style="font-size:large;">運営はクライアント(プレイヤーのパソコン)上のACTといった外部ツールを技術的には検知できるはずです。</span></span><br /><br />だって、そんなの簡単でしょう?<br /><br />ドラクエ10のアップデートのときに、クライアントPCでどんなソフトが走っているか(使われているか)を検知して運営のサーバーに送信するプログラムを仕込んでおけばいいだけなのだから。<br /><br />いや、それだけじゃないです。<br /><br />スクエニの運営は、ぼくがふだんユーチューブでどんな動画をみているのかとか、まだ更新してないブログの記事の下書きの内容だって知ることができるはずです。それどころか、ぼくのPCの制御プログラムを破壊し、異常発熱させ発火させることだって「技術的には」できるかもしれない。<br /><br />…けど、お気づきでしょうけど、<span style="color:#FF0000">それってもはやハッカー行為ですよね?</span> スクエニが不正アクセスしたことになります。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />これはぼくの推測ですが、おそらく技術的にはACTなどの外部ツールによる不正を検知できても、法律的に無理なのだと思う。<br /><br />どうもネットで詳しい人の情報をまとめると<br /><br /><span style="color:#FF00FF">「ドラクエ10オンラインのアプリと同時になんのソフトがパソコン上で動いているかまでをのぞき見ることはできる。けど、それ以上のことは、これまでのオンラインゲームの歴史上、されたことがない」</span><br /><br />外部ツールを使うということは、ドラクエ10と同時にそのツールを使うということです。それを知ることまではスクエニ運営のセキュリティ対策は検知することができる。それに対して不正ツール使用者はごく簡単な「偽装」をすることで発覚をまぬがれている。結果として、古今東西、この手の問題で自白以外にBANされた人はいない「らしい」(あくまで、らしいです)ようなのです。<br /><br />これに対して今回のドラクエ10の問題で「いや、あーすればバレるだろう」とかバレるバレないの議論が詳しい人の間で行われています。<br /><br />ぼくの推測としては、おそらくもっと強引な技術的手段で不正ツールをドラクエ10と連動させていた証拠をとることは簡単だけど、そこまでしちゃうと(プレイヤーのパソコンの情報をより深いレベルで監視して送信しようとすると)、不正アクセス禁止法なんちゃらに引っ掛かるんじゃないかな??<br /><br />つまり技術的な壁ではなく、社会的な(法律的な)壁があって、できない(バレない)。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />いや、それでもドラクエ10のアップデートのときに誰も読まないような利用規約を強制的に表示させ、「同意します」に印をつけないとアプデが先に進めないようにしておけば、無理やりプレイヤーのパソコンを運営がのぞきこむことも法律上問題ないのかもしれないけど…<br /><br />大企業のスクウェア・エニックスがそれをやるかなあ? 個人情報の保護がこれだけ叫ばれている時代で。ポケモンGOでも「開発の手違いで」勝手にポケモンGOがプレイヤーの情報を送信してしまう「不具合」が発見されて世界中で騒ぎになり、ただちに謝罪、修正する羽目になった騒動もありましたが。<br /><br />だいたい気持ち悪いですよね。スクエニが勝手にぼくのパソコンを覗き見ているかもしれないなんて。それ自体がもはや、ドラクエ10を辞める理由になるって人もいっぱいいそうですよ。<br /><br />やったとしてもウイルスバスターなんちゃらが<span style="color:#FF00FF">「ドラゴンクエストXオンラインが危険なアクセスを試みようとしています →遮断しますか?」</span>みたいな警告がでるんじゃないかなw<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />とまあ、こう書くと不安に感じる人もいるかもしれない。<br /><br />「不正者をBANできないんじゃあ、ルールなんてないも同じじゃないか。もうドラクエ10もおしまいだな…」とか。<br /><br />ぼくはそうは思いませんけどね。逆を言えば、これまで古今東西すべてのMMORPGでACTなどの外部ツールが使われてきたにも関わらず、その世界が本当に終わったことはない。(これが原因で終わったという人もいるけどネトゲ特有の大げさなネガ情報であてにならない)<br /><br />しょせん、誰でも確認できるシステムツールから確定できる情報を読み上げているに過ぎない。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/778c.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/778c.jpg" alt="778c.jpg" border="0" width="700" height="359" /></a><br /><br /><br />なにもキャラクターのステータスを書き換えたり、アイテムを増殖させたりできるわけじゃないんです。改ざんも異常な操作もしてない(だから証拠をつかむのも難しいのですが)。<br /><br />みんながバトルをするのは、そもそも本来なんのためだった? アクセやゴールドなどの報酬のためだったでしょう? 今回のACTなんちゃらの件は、<span style="color:#FF00FF">そこにはまったく傷がついていないわけです。</span><br /><br />(まあ、なんのためにバトルをするのかは人によって違うけど。本質的にはそこの問題にたどりつくと考えています)<br /><br />より深刻なRMTやBOTがまん延していて、撲滅しきれていないことは誰もが知るところですけど、だからといって終わってないでしょう。<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><br />まん延を防げないとするならば、それを前提につきあい方をみつけるしかない。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/778j.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/778j.jpg" alt="778j.jpg" border="0" width="423" height="238" /></a><br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />ぼくは、この【ACT】の話題を最初にみたときに、遺伝子操作技術のことを思い浮かべました。<br /><br />遺伝子操作は、失われた臓器をつくって移植したり、がんの発生を抑えたりと、本来は人の役に立つはずの技術です。<br /><br />けれども、同時に人類は遺伝子操作によって「男女の産み分け」ができるようになったばかりか、「非常に頭のいい天才児」や「美男美女」までをも「つくれる」ようになりつつあるそうです。<br /><br />これって、どうなんでしょう…直接的には誰に迷惑をかけるわけではない。でも……そんなことが認められる社会になったら、なんか、生きることが、そして自分がすごい嫌になってしまいそうです。はっきりいえば嫌です。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />ロールプレイングゲームってもともとは、ボードゲームの一種だったそうですね。それがコンピューター上で遊べるようになり、コンピュータの進化とともにRPGも進化して、いまのドラクエ10がぼくたちの目の前にあるわけです。<br /><br />でも、コンピュータは同時にチートツールや今回のACTのようにゲームの根幹を揺るがすような技術をも生み出しました。<br /><br />人類の歴史はいつだってそうです。<br /><br />火薬、化学、飛行機、原子力、インターネット……これらはぼくたちに便利さと生活水準の向上をもたらしましたが、同時に戦争で使われ、大量虐殺兵器にもなったものです。(ネットはテロを広めてるね)<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br /><br />今回のACTをはじめとした外部ツールの問題は、世界を支配するコンピュータ技術同士の対決です。<br /><br />まずは運営から上に紹介した「おしらせ」という形で一手がさされました。<br /><br />でもね。<br /><br />防げないのであれば、それがあることを前提とした社会を築いていくしかないんです。<br /><br />進むべき道は二つしかないと思っています。<br /><br /><span style="font-size:large;">(その3へ続く)</span><br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1739519:3474"><img src="http://banner.blog.with2.net/?id=1739519&seq=6" border="0"/></a><br /><br /><span style="font-size:large;"><strong>よい記事だと思ったら上の画像をクリックしてね!</strong></span>またみてね★<br /><br /><span style="font-size:large;"><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/" title="★トップページに戻る">★トップページに戻る</a></span>
333

ACTのしくみ徹底解説 不正ツールとのつきあい方 その1

ぼくがブログランキングを眺めていて、久しぶりに「まとめ」系ブログを読んだきっかけこそが、【ACT】という見慣れない文字でした。セーブデータを「ぼうけんのしょ」、パラメータを「つよさ」、ワープを「たびのとびら」などなど、いちいち日本語で訳すのが持ち味のドラクエにあって、明らかに異質な【ACT】というアルファベット3文字が踊っているのをさすがに無視(スルー)することができなかったのです。読んでみると「あー、... <a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/778l.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/778l.jpg" alt="778l.jpg" border="0" width="600" height="338" /></a><br /><br /><br />ぼくがブログランキングを眺めていて、久しぶりに「まとめ」系ブログを読んだきっかけこそが、【ACT】という見慣れない文字でした。<br /><br />セーブデータを「ぼうけんのしょ」、パラメータを「つよさ」、ワープを「たびのとびら」などなど、いちいち日本語で訳すのが持ち味のドラクエにあって、明らかに異質な【ACT】というアルファベット3文字が踊っているのをさすがに無視(スルー)することができなかったのです。<br /><br />読んでみると「あー、ついにドラクエにもこういう解析ツールがきたか」と思いました。決して歓迎していません。<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><span style="font-size: large; "><span style="background-color: rgb(102, 52, 152); "><span style="color: rgb(255, 255, 255); "> ■ ACTってそもそもなに? エクセルとかとどう違う?    </span></span></span><br /><br /><br />以前から、こういうオンラインゲームのプレイを有利にするための外部ツールがほかのゲームには存在することを聞いていたし、ぼくもパソコンをいじる習慣のある人間なので、どういうものか想像するのはそんなに難しくありませんでした。<br /><br />ドラクエの外部ツールでもっとも有名なのは「さいほう計算機」でしょうか? ほかにも職人向けの「エクセル」(表計算)、「ダメージ計算機」「おもさ計算機」などなど、ゲームプレイを有利にするためのパソコンやスマホ向けのツールは数多くあるようです。<br /><br />ぼくが最もよく利用していたのはバザー関連でしょうか。モーモンバザーの出品情報を検索したり、アイテムごとの過去のバザー出品価格を調べたりです。これも広い意味でゲームプレイを有利に運ぶための外部ツールと言えるでしょう。<br /><br />ただし、それらはあくまでステータスや結果の数字などを「手で」入力し、計算結果を教えてくれたり、情報を整理してくれるものにすぎません。<br /><br /><br /><span style="font-size:large;"><span style="color:#FF00FF">【ACT】が、それらの外部ツールと決定的に違う点は、自動でリアルタイムにゲームと「連動」する点です。</span></span><br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/778m.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/778m.jpg" alt="778m.jpg" border="0" width="700" height="386" /></a><br /><br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />上の画像はACTなどの外部ツールを使ったときの戦闘画面をイメージ化したものです。<br /><br />ぼくたちはふだん、上の画像で言えば緑の枠で囲ったアイコンを見て、「チャージタイムがたまってCT特技が使えるまであと何秒だろう?」とか、「そろそろ覚醒の効果が切れそうだ、かけなおさなきゃ」とか判断します。<br /><br />また敵の残りHPなどは敵の名前の文字をみて判断します。あとはバフ(バイキルトなどの強化効果)、デバフ(眠りなどの弱体効果)がどのタイミングで切れるかを判断するのは体感です。<br /><br />でも正直、ちょっとわかりにくいですよね。<br /><br />例えば、自分の魔力覚醒の効果の残り時間があと何秒で、メラガイアーが何秒後に打てて、敵の残りHPがあとどのくらいで、敵のマホカンタがいつ切れて…といったバトル中のタイミングがはっきりと「あと何秒」「あと残りHPいくつ」といった情報が数字でわかれば、おのずと行動がより的確になるはずです。<br /><br />ACTなどの外部ツールはDQ10と連動することで、そういった通常プレイでは数字としてみることのできない情報を、上の画像でいえば青い枠内などに表示することで、戦闘中の行動の補助をしてくれるのです。<br /><br />じゃあ、どうやってリアルタイムにゲームと自動連動しているかというと、2ちゃんねるなどの情報を見る限り【ACT】はどうやら<span style="color:#FF00FF">システムログを参照している</span>ようなのです。<br /><br />つまりこういうことです。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/778c.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/778c.jpg" alt="778c.jpg" border="0" width="700" height="359" /></a><br /><br /><br />上のログはピラミッド戦闘開始時のものです。【ACT】はこのログを自動で読み込んで、いずれ起こる結果をわかりやすく教えてくれているようなのです。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />では、いずれ起こる結果とはなんなのか?<br /><br /><br /><span style="font-size:large;"><span style="color:#FF00FF">Aの現象がおこったことにより、○秒後に必ずBの現象がおこる。</span></span><br /><br /><br />たとえば「戦闘開始」という現象がおこると、CTとくぎのカウントダウンがはじまります。戦闘が開始されただけで、たとえば超暴走魔法陣は25秒後に必ず使えるわけですから、それを画面上にリアルタイムで表示してくれるというわけです。<br /><br />次に「超暴走魔法陣を使用」という現象がおこると、必ず30秒後に超暴走魔法陣は消えるわけです。そのタイミングも設定次第で教えてくれるようになります。画面上だけではなく、ブザーなど音でお知らせしてくれるようにもプログラム次第で可能なはずです。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/778e.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/778e.jpg" alt="778e.jpg" border="0" width="509" height="71" /></a><br /><br /><br />ほかにも、ぼくが「メラゾーマで1030のダメージを与えた」という現象により、敵の残りHPという結果もはじきだせるし、戦闘終了後にはプレイヤーごとに「誰がどれくらいダメージを与えたのか」「呪文が暴走した確率は何パーセントだったのか」といった集計結果も瞬時に表示されるはずです。<br /><br />【ACT】の議論でよく目にする「DPS」(時間当たりの火力)という言葉ですが、この場合おそらく、誰がどのくらいの火力(ダメージ)を出せていたかが戦闘終了後にわかることを指しているものと思われます。プレイヤーごとの真の火力が明らかになり、比較されちゃいますね。<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><span style="font-size: large; "><span style="background-color: rgb(102, 52, 152); "><span style="color: rgb(255, 255, 255); "> ■ プラグインってなに? なんで今回ドラクエが?    </span></span></span><br /><br /><br />以上が【ACT】によって、できることです。<br /><br />「です」と言い切っていますが、ぼくはもちろん使ったことないし、情報も2ちゃんねるといくつかのブログでちょっと集めただけなので細かいところは違っているかもしれませんが、まあこんなものでしょう。<br /><br />ポイントは<br /><br /><span style="font-size:large;"><span style="color:#FF00FF">ACTはシステムログをみれば誰でもわかることを整理して教えてくれているに過ぎない。</span></span><br /><br />ということです。<br /><br />プレイヤーが本来知ることのできない秘密のデータを教えてくれるわけではありません。ただ、上のシステムログでもわかるように、ドラクエ10はリアルタイムバトルで同時多発的にいろいろなことが起きては消えていくので、生身の人間がすべてを正確に把握し、それにもとづいて完璧に行動することは事実上不可能です。<br /><br />だからACTにより、それらの時間情報などをプレイヤーが画面ではっきり確認できると、無駄なく行動しやすくなるのです。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />そして、【ACT】とはなにもドラクエのためのソフトではなく、昔から広く世界中でいろんなゲームに使われていたもののようです。<br /><br />今回、なんで話題になったかというと、ACT向けにドラクエ10のルール(覚醒は何秒効果があるかとか、敵の最大HPとか)がプログラムされたプラグインが誰かの手によって開発された、もしくはすでにあったけど何かのきっかけで広まったのでしょう。<br /><br />ちなみに、これまたACT議論でよく目にする「プラグイン」なる用語ですが、これはパソコンソフトではおなじみのもので、追加で足していける機能みたいなものです。<br /><br />【ACT】をパソコンのメモリからシステムログを読み取る「ホスト・アプリケーション」だとすると、そのホストに機能を追加できるのが「プラグイン」です。<br /><br />ためしに「ACT プラグイン」でググってみてください。FF14向けの便利なプラグインがたくさんでてきます。その一例を紹介すると…<br /><br /><span style="color:#0000FF">・大迷宮バハムートなどでタイムラインを表示する</span><br /><br />なんてプラグインがあります。説明を見てみると<br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/778f.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/778f.jpg" alt="778f.jpg" border="0" width="654" height="190" /></a><br /><br /><br />だそうです^^; 他にも<br /><br /><span style="color:#0000FF">・ターゲットした敵の敵対心(ヘイト値)を表示する。<br />・MP回復のタイミングが視覚的に見える</span><br /><br />なんてものもあるようです。<br /><br />ここでちょっとホストである【ACT】とプラグインの関係を整理しましょう。<br /><br /><span style="font-size:large;"><br /><span style="color:#FF00FF">・ホストであるACTは昔からあり、世界中でいろいろなゲームプレイの補助に使われてきた。<br />・ACTはプラグインを追加していくことで対応ゲームと機能を増やしていける。<br />・自分に必要なプラグインだけを追加していくことで無駄な機能をはぶける</span><br /></span><br /><br />さっき、戦闘開始したら必ず25秒後に超暴走魔法陣が使えると書きましたが、水の宝珠の「始まりのチャージタイム短縮」が発動したら15秒になるわけです。また、今は魔力覚醒の効果は120秒ですが、2.1以前は60秒でした。そういったバージョンアップによるルール変更にもプラグインの追加、更新で対応していくのでしょう。<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><span style="font-size: large; "><span style="background-color: rgb(102, 52, 152); "><span style="color: rgb(255, 255, 255); "> ■ クライアントってなに? そしてACTの限界    </span></span></span><br /><br /><br />ところで大事なことを言い忘れていましたが、<br /><br /><span style="font-size:large;"><span style="color:#FF0000">【ACT】を使うのは違反です。バレると運営に処罰されますし、ぼくも使う予定はありません。</span></span><br /><br />正直言って、ACTは誰が見てもわかるように便利だし、戦闘後にいくつダメージ与えたかなどの結果がキャラごとにわかるとか楽しそうじゃないですか。<br /><br />でもダメです。ルールだから。まあルールも時代によって変わっていくものですが…とりあえずダメです。<br /><br />ここで「エクセルやスカイプなんかの外部ツールはOKなのに、なんでACTだけ違反なの?」という議論があるようですが、すでに説明したように、<span style="color:#FF00FF">自動でリアルタイムにゲームと「連動」する点</span>が決定的に違います。<br /><br />これを実現(システムログを自動で読み込み、導き出せる極めて近い未来の結果や、集計結果をはじきだす)するために、プレイしているパソコンのメモリに展開しているドラクエ10の領域にアクセスしているようなのです。ここが規約違反に触れるそうです。<br /><br /><span style="font-size:large;">が</span><br /><br />これも2ちゃんねるでは意見がわかれていましたが……。おそらくACTを使っていても、<span style="color:#FF00FF">自分から自白でもしない限り、バレることはないと、ぼくは考えています。</span><br /><br />えとですね…。ここで「サーバー」と「クライアント」の違いについて知る必要があります。<br /><br />「クライアント」それは……「サーバに対してサービスの依頼を行いその提供を受けるような、コンピュータまたはアプリケーションやプロセスのことをいう。サーバからサービスを受ける側を指す。」とウィキペディアにはあります。<br /><br />でも、それだけだとなんだかわからないですね…<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/778i.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/778i.jpg" alt="778i.jpg" border="0" width="700" height="281" /></a><br /><br /><br />例えばです。去年問題になった「職人不正ツール」。あれは職人で大成功品が必ず作れるように、運営のサーバーが管理しているプレイ結果を不正に操作するものだったはずです。<br /><br />また、1700人(だっけ?)の処分対象者を生み出した今年1月のクロスペンデュラム騒動も、誰がいつどこでどれくらいクロスペンデュラムをもって「みのがし」をしたのかは、すべて運営のサーバーに情報が残ってしまうわけです。<br /><br />一言でいうと、「運営が管理し、確認がとれるサーバーに証拠が残る不正」だったわけです。<br /><br />けれども、ACTによる不正行為は、運営のサーバーには一切証拠は残りません。なぜなら、ただ、クライアントPCに送られてきたシステムログを、プレイヤーが見やすいように読み上げてあげているだけなのだから。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />逆を言うと、ACTに「できること」「できないこと」が見えてきます。<br /><br />コロシアムで敵の誰かがマホカンタを使ったとします。するとその敵がバトルフィールドのどこにいようが、ACT使用者は常に監視確認することができます。バイキルトがいつ消えるか、爆弾がいつ爆発するかもわかるようになるでしょうね。(もちろん、DQXのコロシアムに対応したプラグインをインストールすれば)<br /><br />これらはサーバーから送られてくる結果(システムログ)をみれば、おのずとわかることなのですから。<br /><br />でもいうまでもなく、対戦相手が次につかってくる特技なんてのはACTでも予測することはできません。ネットの向こうのプレイヤーの頭の中にアクセスできるわけないですからね。<br /><br />また、スライムレースのチャンピオンシップ(プレイヤー同士の対戦)で、レース開始前の行動選択時に先に決定したほかのプレイヤーがどういう行動をスライムに指示したかは、これも絶対にわかりません。<span style="color:#FF00FF">なぜならそれはサーバーに不正アクセスしないと分かりようのない情報なのだから。</span><br /><br />あくまで、サーバーには手を触れず、自宅のパソコン内部だけで完結するのがACTです。ACTはチートではありません。だから運営はACTを検知できないと……<br /><br /><span style="font-size:large;"><span style="color:#FF00FF">……いえ、運営はクライアントPC上のACTを技術的には検知できるはずです。</span></span><br /><br />でも、残念ながら…<br /><br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />今日はここまでです。<br /><br />次回、バレるバレないの話から、この先どうなるのかなど、どう向き合えばいいのかなど、もうちょっとふくらませて書きたいなと思っています。<br /><br />…実はもう書きあがっているんですが、なんと書き上げた時点で文字数が過去最高の7000文字を超えていたので「さすがに、これはまずいだろう」と判断して、泣く泣く次回にまわします。ちょっとわけちゃうと言いたいことも言い切れず煮え切らないのですが、さすがにねw<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1739519:3474"><img src="http://banner.blog.with2.net/?id=1739519&seq=6" border="0"/></a><br /><br /><span style="font-size:large;"><strong>よい記事だと思ったら上の画像をクリックしてね!</strong></span>またみてね★<br /><br /><span style="font-size:large;"><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/" title="★トップページに戻る">★トップページに戻る</a></span>
332

【インタビュー後編】最強パラメータ調査「こうげき力」の人編 その2

すいませーん…。スライムレースに思いのほかハマっちゃったり、やる気の落ちることがいろいろあったりで間隔空いちゃいました…ぼくも「急速回復」がほしいです。引き続き、2016年版の国勢調査の「最強パラメーター調査(8月24日メンテナンス時点)」で、みごと「こうげき力」部門の1位(もち理論値)に輝いたビシャスさんへのインタビューの後編となります。なお、ビシャスさんはブログも書いていて、ぼくよりも?マイペース更新で... <a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/777c.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/777c.jpg" alt="777c.jpg" border="0" width="600" height="333" /></a><br /><br /><br />すいませーん…。スライムレースに思いのほかハマっちゃったり、やる気の落ちることがいろいろあったりで間隔空いちゃいました…ぼくも「急速回復」がほしいです。<br /><br />引き続き、2016年版の国勢調査の「最強パラメーター調査(8月24日メンテナンス時点)」で、みごと「こうげき力」部門の1位(もち理論値)に輝いたビシャスさんへのインタビューの後編となります。<br /><br />なお、ビシャスさんはブログも書いていて、ぼくよりも?マイペース更新ですが、こちらもぜひごらんください。<br /><br /><span style="font-size:large;"><a href="http://blog.livedoor.jp/vicious_/" target="_blank" title="ビシャスのドラクエ金策備忘録2">ビシャスのドラクエ金策備忘録2</a></span><br /><br />ではどうぞ!<br /><br /><hr size="1" /><br /><br /><span style="font-size:large;">(<a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/blog-entry-331.html" target="_blank" title="前回">前回</a>のつづき)</span><br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />もともとさ。わたし(ダークキング)「4」とかどうでもよくてさ。ただ、レグナライトが8個もらえるから。1(の)周回で8個って相当ハードだし。やったるか気分だったんよね。単に効率いいかとね。やりだすうちにハマっちゃったね。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />へええ。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />あくまで目標は、ダークグラス完成だったからさ。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />最強パラメタのための?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />うん。しばらく勝てなかった時期はさ。まじで周回すればよかったと後悔したよ。時間の無駄。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />周回って1の周回?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />うん。DK(ダークキング)4のときの、レグでね^^<br /><br /><span style="color:#660000">(注:ダークキング4の日は、レグナードが1で固定…なのかな?)</span><br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />ああ、そっちかあ。じゃあ、これまでのドラクエ10でいちばん面白かった時期はいつごろ?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />難しいね~<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />ぼくだったら2.0~2.2かなあ。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />一番達成感があったのは、ネルゲル倒したときかなあ。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />けっこう古いなw<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br /><span style="color:#FF00FF">いや天魔だな。普通天魔。</span><br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />それも1.1?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />どっちだったか。1.0かな?<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />フレと? 野良と?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />フレだね。それまで何とか倒せていたのが見事にやられてさ。再起を誓ってフレ用の装備とか作って。あの頃も燃えてたなあ。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />装備を作るって、そのころから職人してたんですか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />一応やってたよ。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />まあ今の感じからすると、いつ頃楽しかったって質問に答えるのが難しいってことは、昔も今もそれなりに楽しんでるみたいですね。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />そだね。<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><span style="font-size: large; "><span style="background-color: rgb(102, 52, 152); "><span style="color: rgb(255, 255, 255); "> ■ かっこつけないで語る金策のホントのところ    </span></span></span><br /><br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />ぼくのフレなんかだと、金策が面倒になってやめちゃう人が多いんですが、そういう人に何かアドバイスとか言いたいこととかありますか? 「甘えるな」とかでもいいんでw<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />はは。まあ金策のためのゲームでもないし、どこにゴールを持ってくるかで自由にやってもらえればですね。なにと戦っているのかと。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />じゃあ、おすすめの金策は?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />根気がある人ならノーリスクで竜石(竜牙石)か、リーフか、メタかけでも回してたら勝手にたまっていくんじゃなかろうか。いくらほしいの?<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />どうなんだろw 1000万?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />そこよね問題は。1000万ならいま言ったのでも相当気合いれれば一週間で稼げるよね。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />1垢で?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />もち。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />気合いというか効率も大事そうですね。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />慣れは必要かもね。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/777d.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/777d.jpg" alt="777d.jpg" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><span style="color:#660000">(ビシャス屋…おぬしも悪よのう)</span><br /><br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />そういえばビシャスさんはずっと1垢ですか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />垢はそうだよ。3キャラだけどね。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />そこはやっぱりこだわり? 1垢でやりたいという。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />いや、めんどいしょ。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />操作とか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />そうだね。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />そういえば、マラソンとか日替わり討伐は好きじゃないみたいですね。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />日替わりは錬金石もらえるようになって、たまに行ってるよ。マラソンはもうやめたなあ。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />あ、昔はやってたんだ?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />2.xなんぼのときは、やってた時期もあったよ。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />効率の問題でやめたんですか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br /><span style="color:#FF00FF">いや、眠いよねあれ。</span><br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />まあたしかに、数ある金策の中でも眠いかも…。職人はどうですか? たしかランプを主にやっていたそうですが。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />最近はめっきりだね。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />相場悪い?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />んー新武器でヘマやってからは放置してるなあ。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />赤字だしちゃったんだ…<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />結局トントンだった。あ、違うわ1000万負けた。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />じゃあ、最強のための軍資金は主に何で貯めたのですか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />竜牙石で8000万貯めたから、そこからかな。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />わああ。転売はうまくいってますか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />んー最近だと、しずくで負けてエルフで勝って、ちょいプラスぐらいかなあ。さぼってるね。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />ってことは、転売とか錬金といったものよりも、1アカで会社から帰ってからコツコツ貯めたお金ってことなんですね。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />ってことです。<span style="color:#FF00FF">普通の人なんで^^</span><br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />なるほどねえー<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />泣けるっしょ^^<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />でも根気なんだなあと。よくネットなんかで「金策ゲーつまらん。装備は職人がつくるんじゃなくてドロップにしろ」とかって声があるけど、それについてどう思いますか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />ここオフレコでお願いしたいんだけど。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />おうけい<br /><br /><span style="color:#660000">(………)</span><br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />あの人が言うなら納得かな。<span style="color:#FF00FF">装備ドロップでも楽しめると思うよ。</span><br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />というと…やりこんだ人が(金策ゲーに文句を)言うなら納得?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />うんもちろん。わー厳しいねわたし。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />んーw どうだろw ぼくは、けっきょく同じことだと思うけどね…ドロップとかダンジョン報酬にしても。同じことの繰り返し、飽きたとなるだけ。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />だねえ。結局、同じだからさ、どっちでもいいと思う。やらない人は最後までやらないし。わたしはいつも自分で目標をもって遊んでるから。それに金策が必要なら頑張るし。いつも楽しんでるよ。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />いままでそうやって自分で決めた目標で達成できなかったのってありますか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />ない!! ww。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />じゃあ最強パラメータ以外でこれまでに実現してきた目標をいろいろ教えてください。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />恥ずかしいな。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />ぼくはいつも恥ずかしい。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />なぜww<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />まあそれはブログでいろいろ書いてるからw<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />ふふ。<span style="color:#FF00FF">実は最強パラメーターは、そういう目標の集大成でもあってさ</span>、さっき言った邪神のこうげき14ベルト、ダークグラス+6、(大剣)、全部取るって決めて取ったし、イン時間はほぼ全部使ったね。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />あーなんとなくわかった。ビシャスさんって、わりと現実的に手が届く小さな目標を積み重ねていった結果の最強なんですね。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />まあ小さいっちゃ小さいか。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />というのも、いきなり大きな目標をかかげて、けっきょく投げ出しちゃうってパターン多いと思うので…<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />んー大きいか小さいを考えたことないけどさ、さっきの話だといくら時間をかけても取れない人はいたわけ。それを「取るまでやる」でやっただけ。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />意志のつよさの結果なのかな。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />決めたらやるけど簡単なものも多いかもね。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/777e.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/777e.jpg" alt="777e.jpg" border="0" width="360" height="365" /></a><br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><span style="font-size: large; "><span style="background-color: rgb(102, 52, 152); "><span style="color: rgb(255, 255, 255); "> ■ 興味ないコンテンツと興味ある報酬     </span></span></span><br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />逆にドラクエ10で、これは興味ないとか、あまり取り組まなかったコンテンツとかありますか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />街頭のクエスト、ハウジング、あとなんだイベントか。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />なる。街頭のクエってふくびきけんもらえるやつのことですか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />いや、ナンバリングされてて、そこらじゅうにいるっしょ。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />あークエ全般かあ。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />そそ。<span style="color:#FF00FF">郵便屋は今もだいたい紫。</span><br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />w ぼくもそうかもw<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />でしょ。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />ラリーはやりましたか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />まさか^^<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />ww スライムレースは興味ありますか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />もちろん興味はあるよ。ごちゃごちゃしてめんどくなかったら、やってみようかね。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />スライムレースの報酬はどんなものを期待しますか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />もうさ、お金はみんなもってるでしょ? 多かれ少なかれ。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />どうだろw まあその気になれば稼げるかな。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />て、さっき言ったよね。<span style="color:#FF00FF">だから名誉でいいんじゃない?</span><br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />称号系?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />でもいいし、勝った人しかもらえないものでもいいし。実益あると嬉しいけど、なんでDK(ダークキング)4に、あれほど群がったかってことよね。称号ほしかったんだろ、みんな。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />たしかに昔は報酬が称号だと、そんなに盛り上がらなかった気がするけど、最近は称号が一番のごちそうみたいになってるのかな?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />そんな気がするなあ。わたしはどうでもいいけどね。<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><span style="font-size: large; "><span style="background-color: rgb(102, 52, 152); "><span style="color: rgb(255, 255, 255); "> ■ 本職なんですか??        </span></span></span><br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />そういえば基本的なことを聞くのを忘れてました。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />なんでもどうぞ。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />本職なんですか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />「まも」が一番うまいことになるね。<br /><br /><span style="color:#660000">(注:このインタビューの後、ビシャスさんから訂正がありまして、「メイン職業で何となく、まもの使いって伝えたと思うんだけど、まも2討伐で浮かれてるのと金策でメインに出す職業だったからで正確ではなかった。あれから考えたらやっぱりパラディンだったわ。ptを身体を張って守るのが好きなのと、レグナードはパラディンしかやってないのと、あとリュータ君と知り合えたのもパラディンやってたからだからね!」とのことでした)</span><br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />うまい? 動き的に?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />うん討伐できたから。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />ダークキング4を倒したことのある職業って、まものと?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />もともと戦士でVU(3.3後期バージョンアップ)前後で倒したんだけど、もう「4」行く気なかったんよ、グラス完成したし。そしたらさ、昔からの連れにまも構成誘われて、はまったわけさ。<span style="color:#FF00FF">4倒して自信あったのに、死に過ぎて笑って</span>、それがツボでさ^^<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />壁が高いほど燃えるタイプ?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />だねえ。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />自分で言い切るのはすごいなあ。そういえばコロシアムはやらないんですか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />やらないね。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />興味なし?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />0(ゼロ)<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />0w 対人は好きじゃない?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />だね。そうか、コロシアムも興味ないコンテンツだ。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />協力プレイのほうが好きかー。まあコロも協力だけど。<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><span style="font-size: large; "><span style="background-color: rgb(102, 52, 152); "><span style="color: rgb(255, 255, 255); "> ■ 動画とブログ、どっちがためになる??     </span></span></span><br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />プレイ動画とかは、ユーチューブとかの。勉強のためにみたりしますか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />みないね。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />そういえば動画見てないけどDK4勝ったよとか言ってましたねえ。ブログはみると?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />見るね。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />文章のほうが好き?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br /><span style="color:#FF00FF">動画は答えだからなあ。</span><br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />ほー。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />文章ってさ、書き手の意志もあれば読み手の意志もあって、面白いでしょう。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />まあいわれてみると…たしかに動画は、これを真似ればいいんだという答えなのかも。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />それってさ、つまんないよね。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />まあたしかに。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />勉強っていう人いるけどなー。しらけちゃう。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />じゃあ、そんなビシャスさんが読んでいるブログを答えられる範囲で…教えてください。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />ユーと、<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />あり^^<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />b <span style="color:#FF00FF">「廃人」</span>さんと、<span style="color:#FF00FF">「ビジネス」</span>さんと、常闇の強さ知りたいときは<span style="color:#FF00FF">「まるすけ」</span>さんと、結構あるよお気に入り。まってね。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />はいw<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br /><span style="color:#FF00FF">「ゲゲ」</span>さんと、暇つぶしに一通り<span style="color:#FF00FF">「まとめ」</span>(系)と、タイトル長いんだけど<span style="color:#FF00FF">「おんよみこ」</span>さんって人のブログと、<span style="color:#FF00FF">「30代おやじ」</span>さんと、<span style="color:#FF00FF">「10億G転売」</span>さんと、そんなとこかなあ。あとは適当にね。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />これどこまで公開してよかったのかなw<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />全部いいんじゃない?<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />「○○」さんとフレとか、あと「□□」さんなんかxxしてる?みたいだけど「△△の」とかつけてだいじょうぶ?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />ああ、そのへんの感情は伏せてほしいかな。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />わりとしっかりと文章を書く人のブログが好きみたいですね。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br /><span style="color:#FF00FF">真面目な人好きよ。</span><br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />なるほどねー。たしかに今あげた人たちはまじめかも。まじめすぎる人もいるかもしれないけどw <br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/777b.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/777b.jpg" alt="777b.jpg" border="0" width="500" height="320" /></a><br /><br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />じゃあ時間ないので手短に。最強パラメとろうと決意したのは、どのタイミングでしたか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />うわー難しいな。3.3前期になってすぐかな。3、4か月前。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />じゃあ、これからのドラクエに期待することは?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br /><span style="color:#FF00FF">今まで通り、強い敵だしてワクワクさせてほしいね。</span><br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />強敵コンテンツがお好みなんですね。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />勝ちに行き着くための、あれやこれやが好きだね^^<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />じゃあ最後に…引退とか休止とかしようと思ったことはありますか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />まさか^^<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />ですか^^<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />ただね、今まで話したこと全部まとめると、何の悩みもない楽しいことだけしてきた人みたいかもしれないけど、努力も重ねてきたからさ。しんどいことも、もちろんあったよん。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />ですか。まあ他人もかかわることだし、いろいろあったでしょうね…<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />はは。おかげさまで。人間関係で悩んだことはないですわ^^<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />そなんだw<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />さっぱりしてるからかな。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />まあさっぱりかも。ぼくの逆だw<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />だからいいのかもね^^<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />なるw<br /><br />(2016年 9月12日にて)<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1739519:3474"><img src="http://banner.blog.with2.net/?id=1739519&seq=6" border="0"/></a><br /><br /><span style="font-size:large;"><strong>よい記事だと思ったら上の画像をクリックしてね!</strong></span>またみてね★<br /><br /><span style="font-size:large;"><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/" title="★トップページに戻る">★トップページに戻る</a></span>
331

【独占インタビュー】最強パラメータ調査「こうげき力」の人編 その1

去る10の日に発表された、今年2016年版の国勢調査と、その中でも華といえる「最強パラメーター調査」。実はぼくのフレの中から、3人の「最強パラメータ」が生まれています。ひとりは「かいふく魔力」、もう一人は「こうげき魔力」、そしてもう一人が、「こうげき力」理論値で、みごと最強の座に輝いたビシャスさんです。ビシャスさんとは、このブログをきっかけに知り合いました。それからドン・モグーラやレグナードなどに一緒に... <a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/776.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/776.jpg" alt="776.jpg" border="0" width="600" height="337" /></a><br /><br /><br />去る10の日に発表された、今年2016年版の国勢調査と、その中でも華といえる「最強パラメーター調査」。<br /><br />実はぼくのフレの中から、3人の「最強パラメータ」が生まれています。ひとりは「かいふく魔力」、もう一人は「こうげき魔力」、そしてもう一人が、「こうげき力」理論値で、みごと最強の座に輝いたビシャスさんです。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/776k.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/776k.jpg" alt="776k.jpg" border="0" width="517" height="294" /></a><br /><br /><br />ビシャスさんとは、このブログをきっかけに知り合いました。それからドン・モグーラやレグナードなどに一緒に行ったりして、実はすでに何回かぼくのブログの記事にも登場しています。<br /><br />最近はぼくがすっかり自分からは何もしない「誘われ待ち勢」になってしまい、一緒に遊ぶことはなくなってしまったのですけど、おとといビシャスさんからレグ4の誘いがあったので、これを機会に思い切って最強パラメータ獲得記念のインタビューを申し込んでみることにしました。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/776a.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/776a.jpg" alt="776a.jpg" border="0" width="300" height="350" /></a><br /><br /><br />秘書の人が「うしのふん 1個」で引き受けたというので、無事交渉成立。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/776b.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/776b.jpg" alt="776b.jpg" border="0" width="300" height="253" /></a><br /><br /><br />本人はこういっていますが、<span style="color:#FF00FF">「ドラクエ10をプレイしてきた証を残したい」</span>ということで、かなり努力されたようです。本人いわく、「ふつーのサラリーマン」だそうで、そこら辺の事情は、ビシャスさん本人のブログ<br /><br /><span style="font-size:large;"><a href="http://blog.livedoor.jp/vicious_/" target="_blank" title="ビシャスのドラクエ金策備忘録2">ビシャスのドラクエ金策備忘録2</a></span><br /><br />に、のっているので、そちらもあわせてごらんください。<br /><br />それではさっそく、インタビューをどうぞ!<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/776g.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/776g.jpg" alt="776g.jpg" border="0" width="600" height="442" /></a><br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />今日はよろしくお願いします。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />なんでもどうぞ。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />なんていうんだろう? ビシャスさんが伝えたいことは、ビシャスさんのブログに書けばいいと思うんです。で、普通のプレイヤーって最強パラメータ取るなんて夢にも思わないと思うんですよね。だから、ビシャスさんがどんな人なのか、そこが一番興味あるのかなあと。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />ふむ<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />ただリアルが絡んでくると答えにくいこともあると思うので、まあゆるく聞いていきます。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />ういさ<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />では質問!(ちょっと緊張w) なんで数あるパラメータの中でも「こうげき力」を選んだんですか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />ドキ……。なんとなくです。ダメ?<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />いえ。ただ、一番こだわっていたパラメータというわけではないということ?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />ん~直感ちゃ直感なんだけど、<span style="color:#FF00FF">いくつか候補はあった</span>んよね。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ;</span><br />というと…「おもさ」とか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />「おもさ」に挑めるほどカネはないので…あとはHP、きようさ、みのまもりのなかで。まず、「みのまもり」は大地の竜玉の守備もってないから除外。「きようさ」は盗賊、レンジャーに興味ないから除外。消去法でバトマス、パラディンなんだけど、「HP」って誰でもできそうだし、ダークキングを乗り越えるあたりに粋を感じてね^^<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />なるほど<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />真面目かw<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><span style="font-size: large; "><span style="background-color: rgb(102, 52, 152); "><span style="color: rgb(255, 255, 255); "> ■ 「最強こうげき力」プレイヤーのゲーム観、ドラクエ観       </span></span></span><br /><br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />いままでのドラクエで一番好きなのは何作目ですか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />「3」<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />次に好きなのは?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />「4」<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />次は…<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />「5」<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />つづいてますねw 次は「6」?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />あ、そうだ。「10」抜けてたわ。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />「10」はどこに…<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />2番目かな。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br /><span style="color:#FF00FF">「3>10>4>5」</span>なのかあ。ぼくはなんだかんだ、「10」が一番好きだなあ。嫌いだけど好き? 嫌な思いをダントツでするのが「10」。でも、うれしい思いを一番するのも「10」。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />気難しい女の子みたいね。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />よくわからないw<br /><br /><br /><span style="color:#0000FF">【ここで、インタビューの場をビシャス邸にうつすことに】</span><br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/776c.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/776c.jpg" alt="776c.jpg" border="0" width="600" height="335" /></a><br /><br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />キングヒドラおいてますね…<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />おう釣りでな<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/776d.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/776d.jpg" alt="776d.jpg" border="0" width="600" height="304" /></a><br /><br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />おじゃまします。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />寝にも帰らないうちでよければ。<span style="color:#FF00FF">一か月以上、(プラコンに)プレゼント持たせてあるw</span><br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />あー、それはぼくもそうです。だっていらないし、かといってもらったの捨てるのも気持ち悪い。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />目の前で捨てる。偉いわ彼。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />実は、ビシャスさんってハウジングにはあまりこだわってないだろうなーと思ってたんですけど、イメージ的に…。バトルとか強化のほうが好きそう。(良いけどシンプルで済ませていて)やっぱりなあw という感じ^^;<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />だろうな。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />ドラクエ10はいつからはじめてますか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />いわゆる発売日組だね。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />ネルゲル倒したのはいつですか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />バージョン1.1だね。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />チームにはじめて入ったのはいつ?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />えーとね。1.1だった気がする。リーダーとしてね。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />自分でチーム作ったんですか? どうしてまた?「つくってみてかった」と?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />当時つるんでるのと「作ろうか」となって、「じゃ、リーダーね」とw<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />いわゆる相棒的な?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />仲の良かったメンバーだね。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />1.1といえば強ボスが金策になっていた時代ですが、その頃、強ボスには通っていましたか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />引いてやめたw<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />引いた、とは?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />つええww こびん足りねえwwwww<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/776i.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/776i.jpg" alt="776i.jpg" border="0" width="600" height="318" /></a><br /><br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />なるほどw<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br /><span style="color:#FF00FF">当時はチャットやって終わる日もあるぐらいでさ、気ままにやってたんだよね。</span><br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />いまほどガチじゃなかったんですね。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />今がガチかどうかは、自分じゃわからんのよ。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />さすがに最強調査にのってガチじゃないってことはないと思いますよw まあ確かにすごい人はいっぱいいるけど…<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />だろ?<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />ちなみにその感じだと、1.1時代は「タゲ」とか「ターンエンド」とか理解してなかったみたいですね?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />あーあれはね。感覚で理解はしていたよ。当時はネットで調べたり何もしてなかったけど、センスで習得。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />もともとゲーム好きなんですか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />好きだね。wwwww。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />ドラクエ以外で好きなゲームは?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />シリーズでやっているのは<span style="color:#FF00FF">「ペルソナ」「スパロボ」「ほぼFF」</span>。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />マリオとかゼルダは?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />早く終わるのはオカネナイシあんまりね。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />あー、なるほど。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />うそうそ。アクションすぐ終わって飽きちゃう。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />もともとやりこみ要素が強いのが好きだったんですね。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />ですなあ。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />「FF」ってドラクエのライバルみたいだけど、しいて言えばどっちが好き?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />強いてもなにもドラクエ。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />そういえば、FFはオンラインがすでにでてたけど、ドラクエ10が初のオンラインって言ってましたね。FFに比べてドラクエのいいところは?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br /><span style="color:#FF00FF">鳥山明のイラストを自由に動かせるところだね。</span>最高っす。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />そういえば今は引退しちゃったけど、昔いた大人のフレがやっぱり鳥山明好きで「ドラゴンクエスト、ドラゴンボール、中日ドラゴンズの日本三大ドラゴンが好きなんです」とフリコに書いている人がいました。同じぐらいの歳なのかなw<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />シェンロンみたいなやつだな。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/776h.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/776h.jpg" alt="776h.jpg" border="0" width="600" height="441" /></a><br /><br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />つまり絵かー。ゲーム性的にはどうですか? ドラクエとFFを比べて…<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />何の不満もないし、FFはFFでいいんじゃないかな、たまにめんどいけどさ。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />ぼくFFやったことないんでわからないけど、FFのほうが難しそうに見える…<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />毎回ころっころ変わるから「はーまたかよ」って思うよね。感覚でガンガンやるタイプなので、まどろっこしいのは苦手でさ^^ 人間関係もそう。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />まどろっこしい人間関係…。ぼくの印象だと、ビシャスさんは自分にも厳しいけど、他人にも厳しいとこがあるかなあと。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />だなあ。わかる。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />自分で言い切った…。正義感が強いというのかなあ? ぼくはフレなんかで、悪いところ持ってる人いっぱいいるけど、でもそれはそれで、その人の個性なのかなと許しちゃうんだけど、ビシャスさんはわりとそういうとこ厳しいかなと^^; <br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />そんなに言ったっけか^^<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><span style="font-size: large; "><span style="background-color: rgb(102, 52, 152); "><span style="color: rgb(255, 255, 255); "> ■ いつまでも「飽きない」ドラクエ10との関係     </span></span></span><br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />さっきのFFで「ころっころ変わる」って言ってたけど、ぼくは逆に今のドラクエ10を思いっきり変えてほしいなと思ったりする。ビシャスさんはそういうふうに思うことありませんか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />ないなあ。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />今のシステムの延長のままつづいてほしいと。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />今のままでいいし、面白いなら変えてもいいけどね。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />「飽きたー」とか思うことありませんか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />それがないんだよね。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />ええええ<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />理由きいて^^; wwww<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />フレ欄でみてると、ほぼ毎日夜にインしてて、レグ(レグナード)とかぷよ(ダークキング)を日課にしてるイメージですが…<span style="color:#FF00FF">レグとかもうそろそろ一周年ですよ!?</span> 特に飽きない…と。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />しばらく放置してたからなあ。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />そうでしたっけ?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />初期に(レグナード)「4」倒して、HP(ダークアイの合成理論値)できてからずーっと放置。あ、討伐数とかみる? 「166」だ。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />意外に少ない…<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />でしょ? あとついでにDK(ダークキング)みたけど「128」だったよ。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />頻度的にはダークキングのほうが多いのか…<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />ダークグラスで攻撃つくと知って、鬼のように回しはじめてこれだから。レグどれだけサボったかわかるね。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/776e.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/776e.jpg" alt="776e.jpg" border="0" width="600" height="314" /></a><br /><br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />(こうげき力理論値になるために)どの装備が一番難易度が高いというか、手こずりましたか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br /><span style="color:#FF00FF">剣はカネ出せば買えるし…ベルトとダークグラスかなあ。</span>やっぱり運がからむとね。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/776f.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/776f.jpg" alt="776f.jpg" border="0" width="600" height="259" /></a><br /><br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />セトのアンクも大変でしたか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />いやー早かったよ。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />運が良かった?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />今見たら4か月でできてるね。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />他にアンクで理論値のものは?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />最初にオシリス、次にセト、アヌビスで、のらりセルケト中だね。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />今もじゃあピラやってるんですね。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />今さ、占いで更にソロ快適になってて、めんどいけど苦も無く回してるよ。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />占いってつよいんだ…<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />楽だね~<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />いまドラクエで好きなコンテンツというと?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />DK(ダークキング)だね。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />DKとレグはどっちが面白いですか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />レグはつまんないね。レグナライトほしいからやってるね。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />レグつまんなかったんだw てっきり、好きでやってるのかと。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />いや~わたし基本的に<span style="color:#FF00FF">野良でちゃちゃっと拾ってやってる</span>からさ。時間かかるときとかしんどいよ。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />レグってわりと各職業ごとに動きが決まってるというか、やること決まってるけど、ダクキンのほうがランダム性とかアクション性があるのかな? そういうところが面白いんですか?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス:</span><br />今はそうだね。昨日ね、(ダークキング)「4」の日でさ、<span style="color:#FF00FF">ずっと倒したかった「まも2構成」で倒したんだよね。</span>なんか自分でも不思議なんだけど、どこまでいけるか、何職で討伐できるか。かなり気持ち悪い方向に行ってるね。<br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />気持ち悪い?<br /><br /><span style="color:#FF0000">ビシャス氏:</span><br />ここまで追求する人ではなかったし。<span style="color:#FF00FF">称号は人を狂わせるww</span><br /><br /><span style="color:#6600FF">リュータ:</span><br />称号は人を狂わせる…もうちょっと詳しくお願いします。<br /><br /><hr size="1" /><br />今日はここまでです。後編では金策やブログについてなどを中心にお届けすることになります。お楽しみに。<br /><br /><span style="font-size:large;">(インタビュー後編へつづく…)</span><br /><br /><hr size="1" /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1739519:3474"><img src="http://banner.blog.with2.net/?id=1739519&seq=6" border="0"/></a><br /><br /><span style="font-size:large;"><strong>よい記事だと思ったら上の画像をクリックしてね!</strong></span>またみてね★<br /><br /><span style="font-size:large;"><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/" title="★トップページに戻る">★トップページに戻る</a></span><br />
330

【DQ2 フィールド】「遥かなる旅路」と小さな勇気

おそらく、ほとんどのドラクエプレイヤーは、この場所ではじめてこの曲を耳にしたのではないでしょうか?ローレシアの城からひとり「旅の扉」で飛んだ先は、絶海の孤島。目と鼻の先にみえる町。けれども決してそこにたどり着くことはできない…なんともいえない心細さ。ぼくは、いつか、あの町へ、たどり着くことができるのだろうか…??初代ドラクエ1ではスタート地点のラダトーム城からゴールの竜王の城をあえて目に見えるように... <a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/775c.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/775c.jpg" alt="775c.jpg" border="0" width="600" height="338" /></a><br /><br /><br />おそらく、ほとんどのドラクエプレイヤーは、この場所ではじめてこの曲を耳にしたのではないでしょうか?<br /><br />ローレシアの城からひとり「旅の扉」で飛んだ先は、絶海の孤島。目と鼻の先にみえる町。けれども決してそこにたどり着くことはできない…<br /><br />なんともいえない心細さ。ぼくは、いつか、あの町へ、たどり着くことができるのだろうか…??<br /><br />初代ドラクエ1ではスタート地点のラダトーム城からゴールの竜王の城をあえて目に見えるように配置して、「さあ、あそこへたどり着いてみよ!」と冒険心をかきたてたそうですが、おそらく次のドラクエ2のこのマップも同じ効果を狙ってつくられたのでしょう。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />というわけで、今回の曲はドラゴンクエスト2の序盤のフィールド曲「遥かなる旅路」です。<br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/blog-entry-325.html" target="_blank" title="前回">前回</a>した予告では「打楽器を活かした野性味あふれる曲をドラクエ4から!」と言っていたんですが、なんとなくこの曲(遥かなる旅路)のもつ、独特の寂しさの魔力にひきつけられてしまいました。今の自分をこの曲に重ねたかったのです。<br /><br /><br />まずはお聴きください。<br /><br />初の本格的なフルオーケストラによる、大作に仕上がっています!<br /><br /><span style="color:#0000FF">「遥かなる旅路」 ~ドラゴンクエスト2 悪霊の神々 より<br />作曲 すぎやまこういち</span><br /><br /><br /><iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/4_aoqEoBPd4?rel=0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><br /><span style="color:#660000"><span style="font-size:large;">(上の画像をクリックすると音楽が再生されます)</span></span><br /><br /><span style="color:#660000">(画面の一部分がチラつくことがありますが、全画面表示にすると問題ありません。映像は特に見どころないので、再生画面を見続けなくても大丈夫です。すいません…)</span><br /><br /><br />今回もオーケストラを聴き慣れた人が<span style="color:#FF0000">「え? これコンピュータのプログラミングされた演奏なの??」</span>と驚くレベルのリアルさを最初から目標にすえて、データ作成しています。<br /><br />この音楽館も今回で5曲目になりますが、経験と勉強を積み重ねたことで、ぼくの技術が磨かれ、一段とリアルな音響に仕上がっているはずです。<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><span style="font-size: large; "><span style="background-color: rgb(102, 52, 152); "><span style="color: rgb(255, 255, 255); "> ■ 音楽だけで物語を作り上げたゲーム音楽の名曲の名曲    </span></span></span><br /><br /><br />ぼくが感じることとして、DQ5以降のフィールド曲は漠然とした旅の雰囲気や情景、ずばり「景色」を音楽で表現したものが多いのですが、DQ1~DQ4までのフィールド曲は、旅をするキャラクターそのもの、特に「心境」を描いた音楽になっていると思うのです。<br /><br />はっきりいうと、ぼくはDQ1~DQ4までのフィールド曲のほうが好きです。ドラマチックで感情移入できます。<br /><br />ただし、それは仕方がない面もあって、ゲーム自体が~DQ4までは「先に進むこと」が目的になっていました。「魔王の城を目指しているけど扉があってこれ以上先にすすめない。そうだ鍵を探そう」みたいな感じです。基本的にこれの繰り返しです。<br /><br />だから旅をする主人公たちの気持ちが、わりと一本調子で変化が少ないので、その心境や人間性を直球で音楽にしやすかったのだと思います。<br /><br />それに対してDQ5以降のドラクエは行く先々の街で、いちいち主人公の仲間たちがセリフでしゃべりまくります。<br /><br />「最初から魔王の城を目指す」といったわかりやすい目標は見えなくなり、行く先々の街で繰り広げられるキャラクターたちのドラマが次第に世界の謎を解き明かしていく、より高度な物語に変わりました。<br /><br />その結果、心を揺さぶるような音楽はもっぱらストーリーのイベントムービーシーンで使われるようになり、フィールドの音楽からドラマが失われたのです。<br /><br />今回の「遥かなる旅路」は、まだフィールドの音楽にドラマが色濃かった頃の特徴がよくあらわれています。<br /><br /><br /><span style="color:#0000FF"><span style="font-size:large;">■ 宿命の子 洗礼-</span></span><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/775d.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/775d.jpg" alt="775d.jpg" border="0" width="400" height="288" /></a><br /><br /><br /><span style="font-size:large;"><span style="color:#FF00FF">曲の開始 0:00~</span></span><br />まず教会など巨大な建築物をイメージさせるパイプオルガンで弾いてみました。<br /><br />これはドラクエ2の物語通り、スタート地点であるローレシア城での儀式を表現したつもりです。主人公の王子はここで血生臭い事件を目にし、王様からハーゴン討伐の旅に出るように命じられます。<br /><br /><br /><span style="color:#0000FF"><span style="font-size:large;">■ 旅立ちの勇気</span></span><br /><br />そして王子はひとり城を出ます。<br /><br />旅、冒険…その目的はなんであれ、日常を飛び出すのだから多少は心浮き立つものがあります。男としての自覚も芽生えます。<br /><br /><span style="font-size:large;"><span style="color:#FF00FF">曲中 0:14~</span></span><br />…からの跳ねる笛の音、そしてトロンボーン(ラッパの仲間)という男らしい音色の楽器によるメロディが「旅立ちの勇気」を表現しています。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/775k.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/775k.jpg" alt="775k.jpg" border="0" width="400" height="165" /></a><br /><br /><br />…実はこの部分のトロンボーンのメロディ。めちゃくちゃ苦労しました。最初、ぜんぜんリアルに聴こえなかったのです。いかにも「シンセサイザーの人工音です」といった感じにしかならない。<br /><br />「こういうふうに演奏させたい」というイメージはしっかり持っていました。まだレベル1の剣士です。思いっきり強くトロンボーンを吹いてバリバリ派手な音をだすのではなく、少しおとなしくて、たどたどしくて、でも「強くなりたい」という心の芯はしっかりと持っているという感じ。<br /><br />それを音にしたい。でもそれ以前にリアルな音を出すこと自体が難しかったので、何日もかけて繰り返し繰り返し、データを入力し直しました。パソコンのブログではないので、具体的にどうしたかは書きませんが、上に書いたようなイメージ通りの音を実現できてホッとしています。<br /><br /><br /><span style="color:#0000FF"><span style="font-size:large;">■ 孤独の口笛</span></span><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/775e.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/775e.jpg" alt="775e.jpg" border="0" width="400" height="294" /></a><br /><br /><br />上の写真、キャラを正面ではなく横に向かせて歩いている感をだしたほうがよかったな… まあいいやw<br />(センスなくてすいません…)<br /><br /><span style="font-size:large;"><span style="color:#FF00FF">そして0:35~</span></span><br />ここからは木管楽器たち(笛の仲間)が主役になります。<br /><br />先陣を切って「フルート」がメロディを演奏します。どこか寂しげだけど、まだ強がっているようで、落ち込んでいる気配は感じさせません。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/775f.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/775f.jpg" alt="775f.jpg" border="0" width="300" height="170" /></a><br /><br /><br />フルートは木管楽器の中でも高い音を出すことができて明るい音色なので、その個性がうまくマッチしていると思います。<br /><br /><br /><span style="font-size:large;">けれども<span style="color:#FF00FF">0:43~</span></span><br />同じ木管楽器でも「クラリネット」(カスタネットじゃないよw)という低い音を出す楽器が「ポ~…ポ~…」を不安を感じさせるような音で割り込んできます。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/775g.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/775g.jpg" alt="775g.jpg" border="0" width="400" height="182" /></a><br /><br /><br /><span style="font-size:large;">そして<span style="color:#FF00FF">0:48~</span></span><br />…からのメロディを吹くのはフルートだけでなく、このクラリネットが加わることで、どこか影のある、重苦しい空気が漂い始めます。<br /><br /><span style="color:#0000FF"><br /><span style="font-size:large;">■ ひとりぼっちの行進</span></span><br /><br /><span style="font-size:large;"><span style="color:#FF00FF">1:04~</span></span><br />…からは、いったん笛によるメロディは終了して、「減衰音」(げんすいおん)系の楽器がメロディを奏(かな)でます。<br /><br />ハープ(指で弦をはじく)、鉄琴(金属の板を叩く)などです。<br /><br />この「減衰音」に関しては<a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/blog-entry-325.html" target="_blank" title="前回">前回</a>説明しましたが、ようは音を出した瞬間に消えていく系の楽器です。<br /><br />対してフルートやクラリネットは息を吹き込み続けている限り音が消えない「持続音」系の楽器です。<br /><br />持続音系の楽器は持続している音を途中で震わせたり(こぶし・ビブラート)、次第に音を大きくしたりして感情を表現するのに向いていますが、減衰音系の楽器はそういう表現が苦手です。<br /><br />でも、そのかわり減衰音はリズムを刻むのに向いています(その代表例がドラム)。<br /><br />ここでは減衰音の楽器にメロディを担当させることにより、一歩一歩大地を踏みしめている感じ、歩いている感じがだせています。<br /><br /><br /><span style="font-size:large;"><span style="color:#FF00FF">1:17~</span></span><br />…からは、再び持続音系の木管楽器がまた違ったメロディを吹きます。楽器も変わって今度はオーボエといいます。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/775h.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/775h.jpg" alt="775h.jpg" border="0" width="400" height="185" /></a><br /><br /><br />このオーボエという楽器。フルートよりはクラリネットのほうに近く、やはりどこか暗い、物悲しい音色が持ち味になっています。前にもちょっといいましたが有名なクラシック曲「白鳥の湖」のメロディを吹いているのも、このオーボエです。<br /><br />ちなみに、吹奏楽部の人に言わせると、このオーボエが木管楽器の中では最も音を出すのが難しいそうです。ここではコンピュータが発音しているので、完璧な音程で安定した音をだせていますが、リアル楽器はこうはいきません…。ちょっとしたことで、すぐに音が裏返ったりしてしまいます。<br /><br /><br /><span style="color:#0000FF"><span style="font-size:large;">■ 決意の勇気</span></span><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/775i.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/775i.jpg" alt="775i.jpg" border="0" width="400" height="292" /></a><br /><br /><br /><span style="font-size:large;"><span style="color:#FF00FF">1:44~</span></span><br />ふたたびメロディが「減衰音」に移ります。<br /><br />ただし、まったく同じメロディにもかかわらず、1:04~のときの減衰音メロディよりも、より暗く、さびしい感じが伝わるはずです。<br /><br />なぜかというと、さっきは使っていた「鉄琴(てっきん)」を使うのを今度はやめているからです。高く明るくきらびやかな音をだす鉄琴の音を排除したことをはじめ、さっきよりも全体的に低い音の楽器で合奏しているので、暗く寂しく感じられるのです。<br /><br /><br /><span style="font-size:large;">けれども<span style="color:#FF00FF">1:55~</span></span><br />これまでの暗い気持ちを振り払うかのように、一気に音が駆け上がります。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/775j.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/775j.jpg" alt="775j.jpg" border="0" width="500" height="207" /></a><br /><br /><br /><span style="font-size:large;"><span style="color:#FF00FF">さあ、ここからがこの曲のクライマックスです。</span></span><br /><br />木管楽器、金管楽器(ラッパの仲間)、弦楽器(バイオリンの仲間)が勢ぞろいして、これぞ交響組曲という迫力のある音が響き渡ります。<br /><br />これまで次第に気持ちが沈んでいったのに、「やっぱり、頑張らなきゃだめだ」と気持ちを新たに、決意を固めて突き進み始めたかのようです。<br /><br />そして金管楽器のトランペットがメロディを担当します。だけど、これ。このトランペットの音色が重要なんです。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/775l.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/775l.jpg" alt="775l.jpg" border="0" width="300" height="175" /></a><br /><br /><br />トランペットはファンファーレでも使われる楽器です。勝利の音です。明るい音、きらびやかな音、パッパラパーって派手で張りのある音が持ち味です。<br /><br />でも「遥かなる旅路」では、そんな音は求めていません。<br /><br />まだレベル低いです。ハーゴンの軍団に勝利もしていません。仲間も少なくて心細いです。でも心の底には熱く、強いものを持ち続けている…<br /><br />派手な音ではなく、でも熱い想いを秘めた力強い音…物理的には、トランペットを強すぎず、かといって弱すぎず吹くことが求められます。<br /><br />ただ、ぼくはここで少しズルをしました。<br /><br />クライマックスで盛り上がっている部分なので、オーケストラの合奏全体の音量が上がっています。だからトランペットのメロディもかなり強めに吹かないと、音が埋もれてしまうんです。本当は。<br /><br />実際、本物のオーケストラ演奏、たとえば東京都交響楽団による「遥かなる旅路」のトランペットは強く吹いたときの派手目の音がでています。<br /><br />でも、ぼくが求めているのは派手で直接的な音ではなく、心の奥を表現した暖かい音…<br /><br /><br />…だからトランペット「だけ」の音量を思いっきしパソコン内部のミキサーで持ち上げました。弱く吹いているのに、弱い音が大きな音で聴こえるという非リアル。生のオーケストラ演奏会ではこんな真似、絶対にできません。<br /><br />でも、リアルじゃないけど、ぼくの考える、ぼくの表現したかった「遥かなる旅路」がここに実現できました。<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><br />「小さな勇気」。<br /><br />ぼくはこの曲に、こんなサブタイトルをつけています。<br /><br />まだ一人前ではない。泣きそうになることもある。でも、くじけたくない。強くなりたい。<br /><br />旅をはじめたばかりの、そんな一人の少年の心の内側を、とても美しく力強く音楽にした、名曲中の名曲だと思っています。<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1739519:3474"><img src="http://banner.blog.with2.net/?id=1739519&seq=6" border="0"/></a><br /><br /><span style="font-size:large;"><strong>よい記事だと思ったら上の画像をクリックしてね!</strong></span>またみてね★<br /><br /><span style="font-size:large;"><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/" title="★トップページに戻る">★トップページに戻る</a></span>
329

RMTer(ラムター)にいいたいこと 金策のはなし その3

実は、RMTしている人は相当いるらしい。…という話を他のブログでみかけるし、コロシアム界隈に知り合いが多くてレンダーヒルズにも住んでいるある人に「○○さんはコロシアムも上手くて、しかもとても金持ちですごいですね。両立できる人ってあまりいないのでは?」と、ぼくがいったら「そうだね。コロ勢はラムター(RMTしてる人)多い」と返ってきました。事実は購入者に必ずRMT調査が行われるレンダーヒルズをみればわかります。今... <a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/774.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/774.jpg" alt="774.jpg" border="0" width="600" height="335" /></a><br /><br /><br />実は、RMTしている人は相当いるらしい。<br /><br />…という話を他のブログでみかけるし、コロシアム界隈に知り合いが多くてレンダーヒルズにも住んでいるある人に「○○さんはコロシアムも上手くて、しかもとても金持ちですごいですね。両立できる人ってあまりいないのでは?」と、ぼくがいったら「そうだね。コロ勢はラムター(RMTしてる人)多い」と返ってきました。<br /><br />事実は購入者に必ずRMT調査が行われるレンダーヒルズをみればわかります。<br /><br />今年の3月9日に最初のヒルズ土地没収が行われたときの衝撃は忘れられません。あれだけ事前に「RMTをしていたことが発覚したらヒルズの土地は没収される」と言われていたにもかかわらず、1桁~2桁丁目の9物件を含む、20物件前後の土地がとつぜん空き地になったのです。<br /><br />基本的にRMTをする理由はゲーム内で見栄を張りたいからなのだし、それだけにレンダーヒルズを買いたい衝動を抑えられなかったのでしょうか?<br /><br />いずれにしてもこの時点で400丁目(1600物件)が売り出されていて、しかも4番地を中心にけっこう売れ残っていた中での20物件の没収なのだから、かなりの率だと思う(ネット情報によると、なるほどコロシアム大会のランカーの名前もありました…)。<br /><br />だって、「RMTをしている人は購入後に没収される」と言われていたにもかかわらず、これだけの人が引っ掛かったのです。目に見えていた危険を察知し、ヒルズを避けたラムターの数は推して知るべしです。<br /><br />いずれにしても、レンダーヒルズはRMT対策として非常に有効な手段だったと思う。RMTをするほどのステイタス好き、見栄っ張りが、レンダーヒルズに興味がないわけがありません。<br /><br />レンダーヒルズが存在するだけでRMTに対する抑止効果になるのです。<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />前回の記事で<span style="color:#FF0000">「RMT=偽札づくり」</span>と書きました。<br /><br />では、もし運営がRMTへの対策をせず、放置したらどうなるでしょうか?<br /><br />ズルい? 許せない?<br /><br />いえいえ、気持ちだけの問題ではありません。RMTをしていないふつうのプレイヤーが実際に損をすることになるのです。というか、現にRMTをしていてもまだつかまっていない(いずれバレるにしても)人がいる時点で、すでに損をしているのです。<br /><br />運営はもっとこの点を強調すべきだと思う。「不正アクセスガー」とか言ってる場合じゃない。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />これはリアル社会で、偽札づくりを放置した場合どうなるかを考えればわかります。<br /><br /><br /><div style="margin:0px;padding:0px;" align="center"><table width="98%" style="border-collapse: collapse;border:1px solid #FFFFFF;background-color:#D7F1F8;color:#000000;text-align:left;"><tbody><tr><td style="border:1px solid #FFFFFF;text-align:left;">&nbsp;<br />Aさんがパソコンのプリンターで偽物の1万円札を1000枚プリントしたとします。1000万円です。<br /><br />Aさんはこの偽の1000万円で、Bさんのお店から欲しかった高級車を買いました。<br /><br />Bさんはこの1000万円が偽札であることに気が付きません。そして、Aさんが1000万円の高級車を買ってくれたおかげで店がとてももうかったので、Bさんはお店で働くみんなの給料をあげてあげることにしました。<br /><br />けっきょく、Aさんが偽札をつくたことには誰も気づかず、そのまま偽札はいろんな人の手に渡っていきましたとさ。めでたしめでたし。<br /><br /></td></tr></tbody></table><div style="width:98%;" align="right"><a href="http://sunafukey.fc2web.com/htmltag/tablelist.html" title="HTML表テンプレート" style="color:#C0C0C0;font-size:50%;text-decoration:none;"></a></div></div><br /><br />さて、ここで問題です。いったい損をしたのは誰でしょう?<br /><br />Aさんはもちろん、実質タダで欲しかった1000万円の高級車が手に入ったのだから大いに得しています。<br /><br />Bさんもお店がもうかって大喜びです。お店で働く人も給料が上がってホクホクです。<br /><br />「え…偽札ってバレさえしなければみんなが幸せになれるってこと? 万引きは商品をとられたお店が損するけど偽札は盗みじゃない。偽札づくりって……素晴らしい!?」<br /><br />ちがいます。偽札が世の中に出回ったことによって、損をする人がちゃんといます。<br /><br />損をする人、<span style="color:#FF0000">それは、ぼくたち全員です。</span>(正確に言うと、日本円を持っているすべての人)<br /><br />なぜなら、上の例で書いたようなことが、社会のあちこちで繰り返されると、みんなの給料が上がってしまうからです。<br /><br />「ええ?! みんなの給料が上がるのに損って……言ってることが全然わかんないよ」<br /><br />わからなくても無理はありません。これはかなり難しい話です。おそらく大人でもわかっていない人はかなり多いのではないかと想像します。(そう思う根拠はアベノミクスという政府によるお金のバラマキ)<br /><br />でも、ここで思い出してもらいたいのが<a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/blog-entry-328.html" target="_blank" title="「なぜRMTはだめ? お金ってそもそも何? 金策のはなし その2」">「なぜRMTはだめ? お金ってそもそも何? 金策のはなし その2」</a>で書いたこと。<br /><br /><span style="color:#0000FF"><br />・お金は物々交換のかわりの引換券でしかない<br />・交換できる「価値のある物」がないのに勝手にお札を印刷したらダメ<br />・お金=ゴールドも限りある富(価値ある物)の奪い合い…</span><br /><br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />つまりですよ。どんなにお金を印刷しても意味がないんです。<br /><br />「価値ある物」自体が世の中に生み出されたり、増えたりしない限り、どんなに給料が上がってもみんなが豊かになることはないのです。<br /><br />「価値ある物」が世の中に増えないのに、お金(給料)だけ増えたらどうなるか?<br /><br />みんながこれまでよりも高い金額をだしてでも「価値ある物」を奪い合うだけです。<br /><br /><span style="color:#FF0000">これが「物価が上がる」という現象です。</span><br /><br />そしてこれも大事なことなのですが、「価値ある物」が世の中に増えていないのに、お金だけが増えるということは、「お金の価値(1円や1G当たりの価値)が下がる」ということも意味します。<br /><br />物価が上がる、お金の価値が下がるということは、これまで100円で買えたものが130円払わないと買えなくなるということです。<br /><br />だからといって、銀行や郵便局に預けていたお金が1.3倍に増えるわけではありません。つまり、お金を持っている人、全員が損をしたことになるのです。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />リアル社会でお金をもらえるということは、なにを意味するのでしょう?<br /><br />それはその人が「価値ある物」を生み出したということなのです。「お金=価値ある物の引換券」です。だから働いて「価値ある物」を生み出したら給料をもらえるのです。<br /><br />たとえば工場で働いて工業製品をつくったり、大学で研究してより価値の高い製品を生み出すために科学の研究をしたり、価値あるものを生み出せる大人を育てるために学校で授業をしたり、そういった人たちを家から仕事場に運ぶためにバスや電車を運転したり…<br /><br />だから、働かずに(価値ある物を世の中に増やさずに)偽札をつくったらダメなのです。バレなければその人は得をしますが、その分、お金の価値が下がって、お金を持っているみんなが損をすることになるのです。<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />ぼくたちのドラクエ10の世界では、「ゲームをプレイすること」によって報酬としてゴールドが支払われます。<br /><br />アストルティアでは<span style="color:#FF0000">「ゲームをプレイすること」=「価値ある物を生み出すこと」</span>となっているようです。<br /><br />でもそれだけだと、お金だけが世の中に増えていってどんどん物価が上がってしまう(インフレ)ので、ゴールドを世界から消すシステムも存在します。その役割を担っているのが、リーネの合成料金やドレスアップ料金、バザーでは手に入らない「ようせいの粉」などの素材を店(システム)から買うことです。<br /><br />こうして、ドラクエ10は開発運営が想定されるゲームプレイ状況から割り出した計算により、極端に物価が上がらないようにゲームバランスを調整しているのです。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/774a.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/774a.jpg" alt="774a.jpg" border="0" width="600" height="336" /></a><br /><br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />この「想定されるゲームプレイ」から外れ、「ゲームバランス」を破壊する行為がBOT(自動操作)キャラなどです。そしてRMTなどでラムターが買うお金はBOTなど想定外のゲームバランス破壊行為で生み出されたゴールドです。<br /><br />RMT業者がゲームバランス破壊行為をするのは、ゴールドをRMTで買う人がいるからに他なりません。<br /><br />当然、RMTによって生み出されたゴールドは、開発運営が想定しているゲームプレイから逸脱(いつだつ)した報酬になるので、バランス内に収まらず、物価を上げてしまいます。<br /><br />すでに説明したように物価が上がる=みんなが持っているゴールドの価値が下がるということです。<br /><br />単に「ずるい」というだけでなく、まぎれもなく迷惑でほかのプレイヤーに損害を与えています。<br /><br />だから、<br /><br /><span style="color:#0000FF">「時間のない会社員がリアルマネーでゴールドを買うのを悪くない」</span>なんていうのは、自分さえ良ければ他人に迷惑かけてもいいという間違った考えだし、<br /><span style="color:#0000FF"><br />「BOT? やりたい奴はやれば?? 俺はそんなことしなくても稼げるからやらないけどね。雑魚はBOTでもしてろw」</span>なんていうのは、自分を大きく見せているつもりなのかもしれないけど、単にお金のことがわかってなさそうなだけので、やめてほしいです。<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />運営がこのように「RMTをしてはいけない理由」を説明しないのは、おそらく難しいからでしょう。ぼくもこの記事を書くのに苦労しています…<br /><br />ただ、RMTはこのようにゲーム内の迷惑行為なのですが、リアルの法律では取り締まれないようです。<br /><br />でも、ぼくから言わせれば<span style="color:#FF0000">ドラクエ10そのものが「価値ある物」でみんなの財産</span>なんです。<br /><br />これはきれいごと言っているわけではありません。<br /><br />確かにドラクエ10をどんなにプレイしても、食べていくことはできないし、将来には結び付きません。でも、そのときどきで、ドラクエ10をプレイすることにより、ぼくたちに精神的満足を与えてくれます。<br /><br />以前、りっきーが「ゲームだと体の不自由な人でもジャンプできる。それがゲームの良い点のひとつだ」みたいなことを言っていました。そうですよね。リアルでは車いす生活の人にとってみれば、ドラクエ10でジャンプして、それで気が晴れるのであれば、大切な世界です。<br /><br />リアルではビンボーでもドラクエ10では高級住宅街住まいのリッチな生活を気分的に味わったり、ネカマプレイでかわいい女の子になりきってみたり…<br /><br />生命活動の維持に結びつくことだけが「価値ある物」とは限りません。ぼくたちは精神的な満足こそ、豊かな社会の中に求めているのですから。(もちろん精神的満足だけに頼ってはダメだけど)<br /><br />この大事な世界を不当におびやかすRMTはみんなの財産を奪うことでもあるので、法律でRMTと取り締まれるようになってほしいと思います。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />これまで書いてきたことはフレの「なんかいい金策ないかなあ?」というチャットをもとに、「なんとかならないかなあ?」と自分なりに金策について考えて気づいたことばかりです。<br /><br />金策について考えていたら、お金と経済について考えることになってしまい、色々と発見がありました。ほかにも気が付いたこと、発見したことがまだまだあるので、そのうち書いていきたいと思います。<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1739519:3474"><img src="http://banner.blog.with2.net/?id=1739519&seq=6" border="0"/></a><br /><br /><span style="font-size:large;"><strong>よい記事だと思ったら上の画像をクリックしてね!</strong></span>またみてね★<br /><br /><span style="font-size:large;"><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/" title="★トップページに戻る">★トップページに戻る</a></span>
328

なぜRMTはだめ? お金ってそもそも何? 金策のはなし その2

RMT(リアルマネートレーディング)は、なぜいけないのか?公式サイトのふうせん三姉妹のルール&マナー講座~RMTは絶対にダメ!~ をみると、次のように説明されています。・「ドラゴンクエストX」では禁止されている行為だから・不正アクセスなど現実世界の犯罪行為を助長することにつながるからだけどこれ、正直「ダメと言ったらだめ!」とゴリ押ししているだけにしかきこえない。不正アクセスうんぬんも、「なぜ人を殺しては... <a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/773.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/773.jpg" alt="773.jpg" border="0" width="586" height="321" /></a><br /><br /><br /><br /><br />RMT(リアルマネートレーディング)は、なぜいけないのか?<br /><br />公式サイトの<a href="http://hiroba.dqx.jp/sc/topics/detail/feab05aa91085b7a8012516bc3533958/" target="_blank" title="ふうせん三姉妹のルール&マナー講座~RMTは絶対にダメ!~ ">ふうせん三姉妹のルール&マナー講座~RMTは絶対にダメ!~ </a>をみると、次のように説明されています。<br /><br /><br /><span style="color:#0000FF">・「ドラゴンクエストX」では禁止されている行為だから<br />・不正アクセスなど現実世界の犯罪行為を助長することにつながるから</span><br /><br /><br />だけどこれ、正直「ダメと言ったらだめ!」とゴリ押ししているだけにしかきこえない。不正アクセスうんぬんも、「なぜ人を殺してはいけないのか?」「なぜ人のものを盗んではいけないのか?」といった基本的な問いに比べると、あまりにも実感がわきにくく、罪の意識を持ちにくいといわれても仕方ありません。<br /><br />そして、クーちゃん?だかプーちゃん?が「(RMTしなくても)ゴールドを貯める方法はいろいろあるよ!」とありがたくもアドバイスしてくれた内容がこれ。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/773a.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/773a.jpg" alt="773a.jpg" border="0" width="554" height="212" /></a><br /><br /><br />これが絶望的につまらないのはみなさん知っての通り。いや、最初は面白くても、何年もプレイさせるオンラインで「じゃあこれに飽きた人はどうやってゴールド貯めたらいいの?」という話になってしまいます。<br /><br />もっとも金策作業がとても面白いゲームに仕上がっていたとして、それでみんなが幸せになれるかというとまったくそんなことはなく、むしろ大変になるのは<a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/blog-entry-327.html" target="_blank" title="前回「これまで誰も書かなかった? 金策のはなし その1」">前回「これまで誰も書かなかった? 金策のはなし その1」</a>で説明したとおりなのですが…<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />ズバリ言いましょう。RMTがダメな理由。<br /><br />それは、<span style="color:#FF0000">RMT=偽札づくり</span>と同じだからです。<br /><br />これはなにも、RMT業者がリアル世界で偽札づくりをしているとか、そんな話ではありません。ゲーム内のアストルティア経済にとって、RMTをされると偽札が生まれたのと同じ意味をもつのです。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />お金って誰でも勝手に作っていいものではありません。お札を見ると「国立印刷局製造」と書いてあります。お金は国にしか作れません。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/773b.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/773b.jpg" alt="773b.jpg" border="0" width="400" height="220" /></a><br /><br /><br />そもそもお金ってなんでしょう? それは持ち運びと他人との取引に便利な引換券に過ぎません。お金が普及する前は、物々交換が中心の経済でした。着るものが必要だから、米をあげるかわりに布をもらうとか、そんな感じです。税金も年貢米といって米で納めていました。<br /><br />これはドラクエ10に当てはめて考えてみてもいいでしょう。<br /><br />もしも、アストルティアにゴールドが無かったら…??<br /><br />不便! 不便すぎます。<br /><br />まず装備や消費アイテムを「買う」ということができなくなります。自分で装備を作ったり、消費アイテムも集めに行かなければいけません。それが嫌ならほかのプレイヤーとの交換です。でも何と何をどれだけ交換すればお互い納得できる? 考えただけでも途方にくれますね。<br /><br />ようはリアル世界のお金にしても、ドラクエのゴールドにしても、便利だからあるのです。そして便利だとその分、物々交換よりも経済が活発になります。<br /><br />だからゴールド中心のゲームというのは、それだけプレイヤー同士の取引が活発で、欲しいものを手に入れやすい、時間の使い方も自由なゲームと言えます。<br /><br />たまにネットで<span style="color:#0000FF">「装備はモンスターがドロップしたり、ダンジョンでみつけるようにしろよ。なんでもゴールドの金策ゲーつまんねーんだよ!」</span>という声を目にしますが、これはおかしな主張です。<br /><br />ゴールドはただプレイヤー間の取引を便利にしてくれる道具に過ぎず、罪はありません。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/773c.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/773c.jpg" alt="773c.jpg" border="0" width="303" height="157" /></a><br /><br /><br /><span style="font-size:large;"><span style="color:#FF0000">今のドラクエ10のシステムだってべつに金策なんかしなくたっていいのです。</span></span><br /><br /><br />装備? 自分で素材拾いして作ればいいじゃない。ダークキング行くのに竜牙石としずくが必要? 自分で集めればいいじゃない。<br /><br />だから職人システムを批判するのはわかるけど、ゴールドを否定するのはお金というものを誤解しています。お金=ゴールドは選択の自由を与えてくれているに過ぎません。<br /><br />ゴールドがあるからこそ、ぼくみたいな職人出来ない人でも良い装備品を手にすることができます。また、ゴールドとして貯めておけば、今の装備はスルーしておいて新しい装備品が実装されたらすぐに手に入れることができます。お金が時間の使い方を自由にするとはこういう意味です。<br /><br />このへんの話は去年<a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/blog-entry-182.html" target="_blank" title="職人チート問題について ~あふれるゴールドと足りない言葉~">職人チート問題について ~あふれるゴールドと足りない言葉~</a>で書いたので、興味ある方は読んでみてください。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />お金とは、物々交換や自給自足ではいろいろと不便だから登場した便利な引換券に過ぎないということがわかれば、次のことが理解できます。<br /><span style="color:#FF0000"><br />「お金をつくるには、その引換券としてのお金の信用の裏付けとなる物が必要」</span><br /><br />と書くと、なんだか難しいですが、あくまで元は物々交換の代わりであることを思い出してください。「物」の代わりである以上、交換できる価値のある「物」がないのに勝手にお札を印刷したらダメなのです。<br /><br />これが偽札をつくってはいけない理由です。おそらく、リアル社会でも偽札づくりは重罪です。<br /><br />お札をどれだけ印刷してもこの世に富(価値ある物)が生まれるわけではないのです。<br /><br />誰しもこんな想像をしたことがあるでしょう。<br /><br /><br /><span style="color:#0000FF">「貧しい人たちのために特別にお金をつくって配ったら、貧困問題が解決するのでは?」<br />「お金のないアフリカの貧しい国も日本やアメリカみたいにお札をたくさん印刷してつくればいいじゃない?」<br />「へぇ~!イイね!作っちゃおうかな~」</span><br /><br /><br />…だから、だめなんですよ。日本やアメリカがアフリカの貧困国よりもたくさんのお金を発行できるのは、「価値あるものを生産できる技術力や資源」、「国内外にもつ資産」、ズバリ「金(きん)」などが、それだけあるからなんです。つまり、ちゃんとお金と交換できる国力をもったうえでお金(引換券)をつくっている。<br /><br />そして、日本やアメリカといえども、持てる富以上のお金は発行できないのです。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />ここで<a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/blog-entry-327.html" target="_blank" title="前回">前回</a>の話を思い出してください。<br /><br /><span style="color:#FF0000">お金(ゴールド)とはズバリ、偏差値</span>という話。<br /><br />偏差値が必要なのはみんなの入りたがる学校の定員が決まっているイス取りゲームだから。<br /><br />そしてお金=ゴールドも限りある富(価値ある物)の奪い合い…<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><br />いや、本当のところいうと、お札をどれだけ印刷してばら撒こうがその国の勝手。自己責任。国民全員に1億円ずつ配ったっていいのさ。<br /><br />でも、もし、それをしてしまったらどうなるのか?<br /><br />また、偽札を取り締まらずに大勢がつくりはじめたら世の中どうなるのか?<br /><br />そして、なぜRMT行為が偽札づくりと同じ意味を持つのか?<br /><br />まとめたかったけど、さすがに長くなったので次回にまわします。<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1739519:3474"><img src="http://banner.blog.with2.net/?id=1739519&seq=6" border="0"/></a><br /><br /><span style="font-size:large;"><strong>よい記事だと思ったら上の画像をクリックしてね!</strong></span>またみてね★<br /><br /><span style="font-size:large;"><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/" title="★トップページに戻る">★トップページに戻る</a></span>
327

これまで誰も書かなかった? 金策のはなし その1

「なんかいい金策ないかなあ?」たまにフレからこう質問されます。いや、質問ではなく良い答えなどないとわかった上での、ため息のようなものなのかもしれないけど…もちろん教えられるものなら教えてあげたい。けど、喜んでもらえるような答えなどエアプ(プレイしていないプレイヤー)のぼくに用意できるわけないじゃないか…たぶんフレが求めている金策とは次のようなものだと思う。・(リアル時間を犠牲にしない)短時間で終わる... <a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/772.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/772.jpg" alt="772.jpg" border="0" width="600" height="339" /></a><br /><br /><br />「なんかいい金策ないかなあ?」<br /><br />たまにフレからこう質問されます。いや、質問ではなく良い答えなどないとわかった上での、ため息のようなものなのかもしれないけど…<br /><br />もちろん教えられるものなら教えてあげたい。けど、喜んでもらえるような答えなどエアプ(プレイしていないプレイヤー)のぼくに用意できるわけないじゃないか…<br /><br />たぶんフレが求めている金策とは次のようなものだと思う。<br /><br /><br /><span style="color:#0000FF">・(リアル時間を犠牲にしない)短時間で終わる金策<br />・やっていて楽しい金策<br />・効率よく稼げる金策</span><br /><br /><br />だけど…「お金とはなにか?」をわかっていれば、こんな都合のよい金策などあり得ないということがわかるんです。<br /><br /><span style="color:#FF0000">お金=ゴールドとはズバリ、偏差値なのです。</span><br /><br />「ええ? 偏差値って受験とかで学校の難易度をランク分けするときの、あの偏差値??」<br /><br />そうです。そして、受験生というプレイヤーひとりひとりの学力を表す数字としての偏差値でもあります。<br /><br /><hr size="1" /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />ちょっとゴールドや金策から話はずれるようだけど、これ本質的な話です。<br /><br />そもそもなぜ偏差値なんてあるのでしょう?? テストの点数で「おれは5教科合計430点」とか、それだけではだめなのでしょうか? 100m走なら、みんなそれぞれのタイムを競うだけですよね? なぜ勉強だけ偏差値なんて謎の数字がついてまわるんだ…<br /><br />…あまり、こういうリアルな重い話はしたくないんだけどね。<br /><br />偏差値とは、自分の学力や知識がどこまで増えたかを表す数字ではありません。あくまで全体の中で、自分の学力順位がどの程度の位置にあるかという他人との比較です。<br /><br />そして偏差値が必要な理由。それは「みんなが入りたがる人気の学校の定員が決まっているから」に他なりません。<br /><br />できればみんな有名な学校、進学実績のよい学校、楽しそうな学校に入りたいと希望します。けれども、学校って箱なのだから、箱のサイズ以上の入学希望者は受け入れられません。<br /><br />また、「東京ドーム10個分」なんてドでかい校舎がたとえあったとしても、あまり多くの希望者を断ることもなく全員受け入れてしまったら、そもそもその学校のブランドや信用を支えてきた希少性が失われてしまいます。<br /><br />だから全員が全員、真面目に勉強して高い学力を身につけたとしても、全員の努力が必ず報われるということはありえないのです。<br /><br />簡単に言ってしまえば、受験とはイス取りゲームなのだから、他人に勝つ必要があるのです。奪い合いです。戦争です。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />ここで話をもとに戻しましょう。お金、ゴールド=偏差値です。<br /><br />つまり、ドラクエ10においてゴールドとは「ほかのプレイヤー」との力関係をあらわす物差しなのです。ズバリいってしまえば、全員が金持ちになることは不可能なゲームなのです。<br /><br />この世に数十億ゴールドの資産をもつ大富豪プレイヤーがいるとすれば、必ずその裏には貧乏のどん底のプレイヤーが大勢誕生するということです。<br /><br />そして、これが大事なんだけど、<span style="color:#FF0000">貧乏なプレイヤーは金持ちのプレイヤーからゴールドを「奪われている」ということを知るべきです。</span><br /><br />「いや、そんなはずはない。貧乏なのは日替わり討伐や試練やキラキラマラソンをさぼっているからだ。みんながこういった地道な金策で努力をすればみんなが金持ちになれてハッピーになるんだ」<br /><br />違います。絶対にそうはなりません。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />たしかに日替わり討伐や試練の門の報酬はシステムからゴールドを受け取っているように見えます。誰かほかのプレイヤーとの勝負に勝って奪い取っているわけではありません。<br /><br />けれども、みんながみんな今よりも日替わり討伐を頑張ってゴールドをたくさん稼いだとしたらどうなるでしょう???<br /><br />そのゴールドでなにをしますか? 装備品を買ったり、ダークキングと戦うために竜牙石や世界樹のしずくを買ったり、職人を始めるために素材を買おうとするはずです。つまりこれは何を意味するのか?<br /><br />物価(モノやサービスの値段)が上がってしまうのです。<br /><br />500万ゴールドの欲しい装備品があったとします。これを買いたいので日替わり討伐をがんばって500万ゴールドを貯めます。<br /><br />けれどもここで忘れてはならないことがあります。ほかのプレイヤーの存在です。<br /><br />同じようにこの500万ゴールドの装備をほしくて日替わり討伐を頑張ったプレイヤーが大勢いたらどうなるでしょう? 500万ゴールドだった装備品が750万ゴールドに値上がりするかもしれないのです。<br /><br />じゃあ、どうすれば欲しかった装備品を買えるのか?<br /><br />それは、「値上がりした分をさらに頑張って稼ぐか」もしくは「値上がりする前に500万ゴールドを速く貯めておくべきだったか」の二つしかありません。つまりはさらなる努力が必要、もしくは必要だったのです。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />一見、マイペースな金策であるような日替わり討伐や試練の門も、旅人バザーという戦場でほかのプレイヤーと戦っているんだということを理解するべきです。<br /><br />そうすると次のことに気が付くはずです。<br /><br /><span style="color:#FF00FF">「職人ばかりたくさん稼げるクソゲーなんとかしろ! もっと日替わり討伐の報酬を増やしてほしい。強ボス1体倒すだけで20万ゴールドとか。」</span><br /><br /><span style="color:#0000FF">→誰でも簡単にできる日替わり討伐の報酬を増やしたら、物価が上がるだけ。そして装備品の値段も上がるので、職人の報酬も上がってしまう。たしかに100万ゴールドしかなかった人の資産が1000万ゴールドになるかもしれないけど、1ゴールド当たりの価値が下がる。</span><br /><br /><span style="color:#FF00FF">「金策作業がつまらなすぎる。もっと面白い、ゲームとしてやりがいのある金策用意しろよクソ運営!」</span><br /><br /><span style="color:#0000FF">→金策作業が時間を忘れるほど面白かったとしたら、金策をするプレイヤーが増えたり、また一人あたりの金策にのめりこむ時間も増えるので、物価が上がってしまう。逆をいえば、金策が作業的でつまらなくて、やる人が少ないからこそ、現状程度の短い金策時間で欲しいものを買うためのゴールドを稼ぐことができる。</span><br /><br />キラキラマラソンも同じことです。<br /><br />もしりっきーが「キラキラマラソンしている人の努力が報われるようにしてあげたい。よし、コンテンツ天竜草を拾える確率をアップしてあげよう」なんてことをしたらどうなるでしょう? <br /><br />もうおわかりですね。天竜草の価格が下がるだけです。だからキラキラマラソンも「相場が下がらないうちに他人より速く稼ぐ」「他人より時間をかけて多くのキラキラを拾う」といった、他のプレイヤーよりも多く努力する、我慢する、耐えるといった面で競争しているといえるのです。<br /><br />もう一度言います。ゴールド=ドラクエ10プレイヤーとしての偏差値です。<br /><br /><hr size="1" /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />「そんなことはわかってるんだよ!」という人もいるでしょう。<br /><br />でも、ぼくのみたところけっこー、みんなわかってないと思う。それはRMTやBOT(自動操作プレイ)といった違反行為に対する姿勢からうかがえます。<br /><br />「時間のない会社員がリアルマネーでゴールドを買うのを悪いことと言い切れるか?」<br /><br />「BOT? やりたい奴はやれば?? 俺はそんなことしなくても稼げるからやらないけどね。雑魚はBOTでもしてろw」<br /><br />こんな考えの人をけっこうみてきました。それこそ、かなり深く掘り下げた攻略記事を書くようなブログでさえも。<br /><br />気が向いたら次回はこの話からします。<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1739519:3474"><img src="http://banner.blog.with2.net/?id=1739519&seq=6" border="0"/></a><br /><br /><span style="font-size:large;"><strong>よい記事だと思ったら上の画像をクリックしてね!</strong></span>またみてね★<br /><br /><span style="font-size:large;"><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/" title="★トップページに戻る">★トップページに戻る</a></span>
326

ブログの更新を再開しようかなと思っています

おひさしぶりです。そろそろ前回の更新からひと月近くたつのかな?まずは、更新休んでいる間も、ランキング投票クリックしてくださった方々、ありがとうございましたm(__)m…といっても、今見たら192位まで落ちちゃったけどw特に8月20日はぜんぜん更新していなかったのに100ポイント、その次の日も70ポイントもいただき、ちょっとうれしかったです。たぶん、更新休む前に「2週間、ブログも更新できなくなるしドラクエに... <a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/771.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/771.jpg" alt="771.jpg" border="0" width="600" height="338" /></a><br /><br /><br />おひさしぶりです。そろそろ前回の更新からひと月近くたつのかな?<br /><br />まずは、更新休んでいる間も、ランキング投票クリックしてくださった方々、ありがとうございましたm(__)m<br /><br />…といっても、今見たら192位まで落ちちゃったけどw<br /><br />特に8月20日はぜんぜん更新していなかったのに100ポイント、その次の日も70ポイントもいただき、ちょっとうれしかったです。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/771a.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/771a.jpg" alt="771a.jpg" border="0" width="216" height="474" /></a><br /><br /><br />たぶん、更新休む前に「2週間、ブログも更新できなくなるしドラクエにもインできなくなります」と書いていたので、ちょうど20日が2週間目だったので「そろそろ再開するのかな?」と待ちわびてくださったかたがいたのでしょうか…<br /><br />ごめんなさい。2週間休んでいたのはリアル都合で家にいられなかったからで、2週間経ったらブログを再開するという意味ではなく、あくまで「家に帰ってこれる」というだけの意味だったのです。<br /><br />…それから何日間かはドラクエにインもせず……。気づいてしまったのですね。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />なにに気が付いたというのか?<br /><br />ドラクエもブログも、ぼくには必要のないものだったということを…<br /><br />ドラクエ休止しててインしないことに慣れてしまったし、ブログも更新していた時は「50位以下に落ちるのはやだなあ」と強く意識していたけど、いざ落ちてみて50位以下、100位以下が定着してみると、それでなにを失うわけでもないことに気が付いてしまった。<br /><br />むしろ今度は捨てたことによる楽な生活のほうを手放したくなくなってしまった。<br /><br />もうドラクエでなにをするにしても「ちょっと待て、ブログの記事にするために記録とりながらプレイしなきゃ」なんて肩にのしかかった重みもないし、なにより睡眠時間を削らなくていいことが幸せだった。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />それでもドラクエを再開したのは、このままいくと、みんながバラバラになってしまうと思ったからかな。<br /><br />ぼくは更新休む前に「ドラクエはぼくにとって公園になりました」と締めたけど、誰もこなくなった公園ほど寂しいものはないです。<br /><br />ぼくが書いてきた「ドラクエもうやばい状態」というのが、良くも悪くも当たっているようで、全体のイン状況はさらに減っているようにみえるし、案の定、だいぶ前に予想した通り、バージョン3.4前期も10月後半のアップデートとなりそうです。メインストーリーを含んだアップデートは時間かかるんですよ、やっぱり。<br /><br />9月17日の東京ゲームショウ2016でのDQXTV番外編で3.4前期の情報コーナーが来るなんて楽観的な予想をしていた人もいたようだけど、そんなはずもなく、おそらく「スライムレース」の詳細を「サプライズ」としてドヤ顔で語るよーすぴとりっきーをみられることでしょう。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />ただ無理やり復帰インしてみたところで、やりたいことが突然生まれるわけじゃないんだよね…。<br /><br />いや、やりたいことはある。やろうと思っていることもある。…けれども。<br /><br />…なんかもう、先行者プレイヤーとともに成長していったゲームシステムがなにもかも複雑になってしまっていて、新しく何かドラクエではじめようとしても「メンドイ」「いまさらもう追いつけない」って気持ちが先に立ってしまうんだよね。ほかにもっと楽で手っ取り早く面白いものは世の中たくさんあるよ。。<br /><br />まあ、バージョン4など今後の展開も含めたドラクエについて思っていることはいろいろあるので、それはこれから少しずつ書いていこうかなと思っています。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />もうひとつ、ブログはやっぱり必要だと思った。<br /><br />いや、もともと辞めるつもりはなく、その気になったら更新再開しようと思っていたのだけど、いいかげん書き始めないとこちらもヤバイなあと。<br /><br />正直、今の状態のドラクエに「みんなでインして遊ぼうぜ!」というのはかなり酷だと思うんです。ツライでしょう。<br /><br />「引退したけどスレオン(ゲームは遊ばないけどネットで情報だけ追いかけること)は楽しくてブログみてますー」という声もいただいていたし、不定期インしかしないフレからも「ブログ更新しないの?」と言ってもらえたりしていたので…<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />実は<a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/blog-entry-151.html" target="_blank" title="少年たちのキラークリムゾン">少年たちのキラークリムゾン</a>のときのメンバーの一人が、ぼくが復帰した日に、こんな話をもちかけてくれたんだよね。<br /><br />「あのときのメンバーで大魔獣イーギュアを倒そう、という計画をしている!」<br /><br />でも、あの時のメンバーのうち、一人はぼくが休止したタイミングと同じタイミングでインしなくなっているので、ひとり欠けた状態になっている。<br /><br />…なんていうんだろう。ドラクエ10は公園にすぎないし、ガチプレイなんてする必要はもうまったくないけど、公園があるだけでは…みんなバラバラになってしまう。<br /><br />やっぱり公園の外でみんなの気持ちとか都合とか、意志とか…そういうものをすり合わせられる場所として、ブログはやっぱり必要なんじゃないかと。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />もう手遅れかもしれないけどね…;;<br /><br />やっぱり習慣って大事なんだよね。<br /><br />まだドラクエをガチプレイ続けられている人がいるのも習慣化しているからだろうし、ブログを書く習慣もなくなったら、ぜんぜん書けなくなってしまった。<br /><br />同じようにブログを読んだりチェックしたりするのも習慣だったからだろうから、その習慣がとぎれてしまったことで、ぼくのブログを読んでくれていた人もだいぶ離れてしまって、もうそのまま戻らないかもね…<br /><br />習慣、習慣、習慣……真実って何だろう?<br /><br />楽しいってなに? やりがいってなに? 習慣から外れたことをやろうとすると大変で面倒なのはなぜ? 生きるってなに? 死んだらすべての習慣から解放されるじゃないか! でも、死にたくないのはなぜ?<br /><br />ドラクエ10が悪い習慣ではなくて、みんなの生きることにとって良い習慣になることを祈って、細々とブログをまた書いていきます。<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1739519:3474"><img src="http://banner.blog.with2.net/?id=1739519&seq=6" border="0"/></a><br /><br /><span style="font-size:large;"><strong>よい記事だと思ったら上の画像をクリックしてね!</strong></span>またみてね★<br /><br /><span style="font-size:large;"><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/" title="★トップページに戻る">★トップページに戻る</a></span><br />
325

地味だけど神曲!「神に祈りを~奇蹟のオカリナ」【竜族の隠れ里】

ぼくはこの写真を撮るために「竜族の隠れ里」にいたら、フレから「(そんなところで)なにしてるの?」とたずねられました。ぼくはすかさず「観光!」と答えました。なんか湯煙っぽいのが上がっていて温泉地みたいですね!(リアルでは温泉いったことないけどw)これを機会に、ふつうならもう当分、訪れることのなさそうな「竜族の隠れ里」に、みなさんもぜひ足を運んでみてください!●まずはこちらをお聴きください。「奇蹟のオ... <a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/770a.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/770a.jpg" alt="770a.jpg" border="0" width="600" height="335" /></a><br /><br /><br />ぼくはこの写真を撮るために「竜族の隠れ里」にいたら、フレから「(そんなところで)なにしてるの?」とたずねられました。<br /><br />ぼくはすかさず「観光!」と答えました。<br /><br />なんか湯煙っぽいのが上がっていて温泉地みたいですね!(リアルでは温泉いったことないけどw)<br /><br />これを機会に、ふつうならもう当分、訪れることのなさそうな「竜族の隠れ里」に、みなさんもぜひ足を運んでみてください!<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />まずはこちらをお聴きください。<br /><br /><span style="color:#0000FF">「奇蹟のオカリナ~神に祈りを」  ~ドラゴンクエスト6 幻の大地 ~ドラゴンクエスト10 いにしえの竜の伝承 より<br />作曲 すぎやまこういち</span><br /><br /><br /><iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/03kPDcLfm1s?rel=0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><br /><span style="color:#660000"><span style="font-size:large;">(上の画像をクリックすると音楽が再生されます)</span></span><br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />まず、冒頭で鳴り響く笛の音。曲名としては「奇蹟のオカリナ」といいます。<br /><br />だけど、ぼくたちドラクエ10の冒険者にとっては「竜笛」としておなじみのものです。<br /><br />でも実はこれ、もともとはドラクエ6のでドラゴン(?)を呼んでムドーの城に渡るときにつかったオカリナの曲なんですね。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/770b.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/770b.jpg" alt="770b.jpg" border="0" width="239" height="176" /></a><br /><br /><br />オカリナってこういう楽器です。そして、ぼくたちが竜笛を吹いたときにゲーム中で流れる音色はオカリナの音ではありません。あれはフルートです。素朴なオカリナからは、あんなリッチな音は出ませんw<br /><br />ぼくの音楽館では、ゲームやCDのオーケストラバージョンのようにフルートではなく、ちゃんとオカリナの音を使いたかったんだけど、そういうソフトがうちには「無い」ということだったので、ぼくもフルートで勝負してみましたw<br /><br />けっこう気合い入れて吹いています(吹いたというより、演奏データプログラムなんだけど)<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><span style="font-size: large; "><span style="background-color: rgb(102, 52, 152); "><span style="color: rgb(255, 255, 255); "> ■ パイプオルガン vs 木管楽器 !?     </span></span></span><br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />さて、この「奇蹟のオカリナ」という曲のメロディが、そっくりそのまま「神に祈りを」という曲になって、引き継がれます。<br /><br />これが「竜族の隠れ里」の中で流れる曲です。ただし、ゲーム中やCDではまず木管楽器(フルートはじめ笛の仲間)で演奏されています。<br /><br />けれどもぼくは、パイプオルガンで弾くことにしました(もちろん<a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/blog-entry-311.html" target="_blank" title="ウィーン・コンツェルトハウス">ウィーン・コンツェルトハウス</a>のオルガン!)<br /><br /><span style="color:#FF00FF">これ、本来はパイプオルガンのための曲のはずなんです。</span><br /><br />だって曲名も「神に祈りを」だし。神に祈りをささげる場は教会と決まっています。そして教会と言えばオルガンです。<br /><br />じゃ、なんでCDやゲームのオーケストラ演奏ではパイプオルガンを使っていないのか? っていったら、理由としてはほぼ間違いなく、「パイプオルガンを使うと演奏会をひらける条件が極端に限られる」からだと思うのですね。<br /><br />パイプオルガンって、その巨大さゆえに楽器でもあり、建築でもあるんです。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/770c.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/770c.jpg" alt="770c.jpg" border="0" width="400" height="299" /></a><br /><br /><br />きっと、すぎやまこういちさんは、パイプオルガンのない場所でも演奏する機会を広めたくて、木管楽器にアレンジしたんでしょうね。でも、今のコンピュータ技術をつかえば、その壁も簡単にのりこえられるわけで、こうしてパイプオルガンで再現できました。<br /><br />ただ、本来はパイプオルガンのための曲で間違いないのですけど(その証拠としてオリジナルであるドラクエ6のゲーム中ではパイプオルガンの音で鳴る)、このオルガンの代わりに使っている木管楽器の響きも、また捨てがたく良いのですねえ。<br /><br />むしろ「竜族の隠れ里」の村としての雰囲気には、木管楽器のまるっぽく素朴な音色がよく合っています。<br /><br />ぜひ、竜族の隠れ里に飛んでいき、聴き比べてみてください^^<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><span style="font-size: large; "><span style="background-color: rgb(102, 52, 152); "><span style="color: rgb(255, 255, 255); "> ■ 減衰音(叩いた音) vs 持続音(響き続ける音) !?     </span></span></span><br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />そして、曲の後半。<br /><br />同じメロディがこんどは「弦楽器」に引き継がれます。弦楽器とはバイオリンのなかまたちのことです。<br /><br />…まあ、弦楽器はこれから先も登場しまくるので、詳しくはまた今度にします。<br /><br />今回は<span style="color:#FF00FF">「減衰音(げんすいおん)」と「持続音(じぞくおん)」</span>について軽く説明します。<br /><br />ちょっと難しい言葉ですが、ようは減衰音とは「叩いた時になる音」のことです。<br /><br />いま、みなさんの手元にガラスのコップがあったとします。指でチンッっとたたいたら、それが減衰音です。叩いた瞬間に最も大きな音がでて、そこから小さくなって消えていきます。<br /><br />ようは、太鼓(たいこ)のなかまです。実はピアノもあの黒い箱の中でピンっと張ったピアノ線という弦(げん)をハンマーで叩いている楽器なので、あれも減衰音です。<br /><br />一方で、同じ鍵盤楽器でもオルガンは「持続音」です。<br /><br />オルガンは叩いて音を出しているのではなく、パイプ(筒)に風を送り込むことで音をだしているわけです。だから、穴を風が通っている限り、音は出続けます。リコーダーやフルートもあの筒に息を吹き込み続けている限り音は鳴り続けるので(息切れしますがw)持続音です。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />ここで問題になるのが、<span style="color:#FF00FF">「どう音を持続させるか」</span>です。<br /><br />ピアノや太鼓と違って、笛、そしてバイオリンなどの弦楽器は鳴り始めた音をどうコントロールするかが上手い、下手のカギになります。ただ「プーーーーーーー」ってなり続けていても面白くないですからね。<br /><br />鳴り始めた音に変化をつけていくと、とても表情豊か、感情のこもった人間的な演奏に聴こえます。<br /><br />例えば、ぼくたちが「あ~~~~~」って声をだすときに感情をこめるとしたら、右手を握りしめ、声をふるわせ、次第に大きくしていきますよね。これと同じことを楽器の演奏でもするわけです。<br /><br />そして楽器演奏では<span style="color:#FF00FF">音を感情的に震わせることを「ビブラート」といいます。</span><br /><br />カラオケ(特に演歌)でいうところの「こぶし」です。<br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/770d.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/770d.jpg" alt="770d.jpg" border="0" width="214" height="134" /></a><br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />ぼくは今回の演奏データを完成させるのに、かなり時間をかけましたが、ほとんどは音をどう変化させるか? の決定と入力についやしています。<br /><br />目指したのはコンピューターでも、あたかも人間が演奏しているかのような究極のリアリティです。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/770e.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/770e.jpg" alt="770e.jpg" border="0" width="500" height="320" /></a><br /><br /><br />そのために、あえて「下手くそ」に演奏しています。前にも書きましたがコンピュータだからカラオケマシンで100点をとれるような完璧に正確な演奏をすることはむしろ簡単なんです。<br /><br />でも、それだと感情の伝わらない、人間っぽさのない冷たい感動できない演奏になってしまいますよね。<br /><br />そうならないように、あえて楽譜どおりよりもタイミングをずらしたり、音程を微妙にはずしたり、もちろんビブラートや抑揚もデータとして入力して、音楽に詳しい人が聴いても、「え? これコンピュータのプログラミングされた演奏なの??」って思わせるようなものに仕上げたつもりです。<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />じゃあ、声をふるわせまくり、大げさに抑揚(よくよう。音の大小の差を大きくする)をつければ、それは良い演奏なのかといったら、それも違います。<br /><br />実はパイプオルガンは持続音でも、構造的に単純で、出し始めた音に変化をつけることはできません。<br /><br />でも、それがむしろ良かったりもするのです。<br /><br />ビブラートや抑揚で感情をこめた演奏にしたら、良くも悪くも「人間臭く」なっちゃうじゃないですか。<br /><br />パイプオルガンの、あの神秘的で神々しい響きは、人間臭さを排除した、どこまでもまっすぐな音だからこそだと思うのです。<br /><br />そして、今回の曲は「神に祈りを」。やっぱりパイプオルガンの音が似あいますね。そして、フルートやバイオリンのような音を変化させることができるタイプの持続音でも、あえてビブラートをつけないということもできるわけで、それも演奏者次第なのが面白いところ。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />というわけで、長くなりましたが今回のまとめ!<br /><br />楽器はそれぞれ個性をもっていて、その個性が光る使いどころが大事って話でした。<br /><br />次回は神々しさとは正反対の、減衰音(打楽器)を活かした野性味あふれる?曲をドラクエ4から紹介する予定です。お楽しみに!<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1739519:3474"><img src="http://banner.blog.with2.net/?id=1739519&seq=6" border="0"/></a><br /><br /><span style="font-size:large;"><strong>よい記事だと思ったら上の画像をクリックしてね!</strong></span>またみてね★<br /><br /><span style="font-size:large;"><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/" title="★トップページに戻る">★トップページに戻る</a></span>
324

フレンドのちから、コメントのちから

正直、いまさら「クソゲー」といったことに、こんなに反発が来るとは思いませんでした。ぼくのフレで邪神やダークキングをガンガン回してる人だって、以前「宝珠で個性が出るとか言っていたが個性を出したら不利になる」「みんなドラクエってだけでやってるだけ」とフレチャで愚痴をこぼしていたり、また別の人は「○時からずっとやって、やっと終わった。クソゲー過ぎ」とか、よく言ってるし。みんなわかっててやってるんだと思っ... <a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/769a.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/769a.jpg" alt="769a.jpg" border="0" width="600" height="341" /></a><br /><br /><br />正直、いまさら「クソゲー」といったことに、こんなに反発が来るとは思いませんでした。<br /><br />ぼくのフレで邪神やダークキングをガンガン回してる人だって、以前「宝珠で個性が出るとか言っていたが個性を出したら不利になる」「みんなドラクエってだけでやってるだけ」とフレチャで愚痴をこぼしていたり、また別の人は「○時からずっとやって、やっと終わった。クソゲー過ぎ」とか、よく言ってるし。<br /><br />みんなわかっててやってるんだと思ったけど…<br /><br />これはドラクエ10特有のものではなく、オンラインゲームってみんなそうだと思うけど、どうしたって同じことを繰り返させる時間稼ぎにしかならないんです。最近始まった竜王討伐イベントなんかその典型ですけど。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />オンラインゲームは、ゲーム性を楽しむものではなく、その世界を楽しむものだと今では割り切っています。<br /><br />だから最近書いているように「自分が面白いかどうか」なんてことはすでに興味がなく、フレをはじめ、多くの人が楽しんでくれてこの世界を維持できるのであれば、それでぼくは満足です。そもそもゲームとして楽しむ気なんてもう、ありません。<br /><br />ところが、その世界がどんどん縮小しそうな危うい内容だから文句言ってるわけで。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/769b.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/769b.jpg" alt="769b.jpg" border="0" width="300" height="347" /></a><br /><br /><span style="color:#660000">竜王イベの感想は、ネタバレになってしまうので、そのときのフレとのチャットをのせることにしましたw</span><br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />「世界」っていってもいろいろありますね…<br /><br /><span style="color:#FF00FF">ひとつにはドラクエとしての世界</span>です。ようは、すぎやまこういちさんがこれまでにドラクエのために作曲してくれた数々の音楽がつくっている世界や、鳥山明さんの手によるスライムをはじめとしたキャラクターデザインのつくっている世界。<br /><br />はっきしいって、ドラクエってなにか?っていったら大部分はこれですよね…。このお二人の仕事が天才すぎて、この世界から離れたくなくなる。そしてそれをとりまとめて物語の世界をつくりあげた堀井雄二さんの言葉の力。<br /><br />ぼくはこのドラクエの世界が一番好きだし、いつまでも続いていってほしいし、応援してる。ゲームやりたくてインしてるんじゃなくて、このドラクエ世界に生きる一人の冒険者(ぼくの場合、はっきりと魔法使い)になりたくてインしているんです。<br /><br />ドラクエ10では現状、ここまでがドラゴンクエストです。だから、ぼくはドラクエを批判したことは一度もないんですね。<br /><br />こっから先は、りっきーたちはゼロからモノを生み出しているわけではなく、ドラクエという最高の元ネタを使って、おそらくゲームのエリートとして自分たち自身でさんざんプレイしてきた歴代のオンラインゲームのシステムを横からヒョイっと持ってきて軽くアレンジを加え、料理している。<br /><br />それに対して下手くそと言っているだけで。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br /><span style="color:#FF00FF">もうひとつの世界がフレンドです。</span>ぼくの場合、仲良くしてくれるフレンドがいるから、なんとか持ちこたえられています。<br /><br />それだけに、フレンドに「もう、ついていけない」と感じたときの孤独感はつらかった。<br /><br />「<a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/blog-entry-322.html" target="_blank" title="とうとうチャットにすらついていけなくなりました">とうとうチャットにすらついていけなくなりました</a>」で、そのときのことを一部書きましたが、少々おおげさに感じられたかもしれない裏には、こういう気持ちがあるんです。<br /><br />あの記事は勢いで書いた記事です。つらかったことを告白するように書くと、少し気持ちが安らぐので。<br /><br />その記事を書くきっかけとなった、もうひとつの出来事が同じ日にあって、それはコロシアムでのことなんですが…<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/769c.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/769c.jpg" alt="769c.jpg" border="0" width="300" height="343" /></a><br /><br /><span style="color:#660000">竜王の城は、なんか雰囲気がビルダーズっぽかったです…新鮮</span><br /><br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />仲の良いフレ4人でコロシアムにいくことになったんですね…<br /><br />で、フレが魔法使いのぼくに言うんですよ。「ロイヤル(闇耐性アクセ)もってる?」って。<br /><br />ぼくは少しカチンときました。ぼくはドラゴンクエストのロールプレイング性の要になっている装備を指示されるのが一番嫌いなので。<br /><br />ぼくは「ない」と答えました。本当はあったけど…<br /><br />するとそのフレが「ダークネスワンパンマン…」って。フレはなにも悪くないんです。むしろ、フレはぼくを傷つけないように気を使いながら、ぼくに勝つための装備を教えてくれようとした。<br /><br />でも、ぼくは、自分でも悪いとわかっていても、すぐにふてくされてしまう性格なので、その試合はボロボロでした。<br /><br />すると今度は「僧侶でもいいよ?」と言われました。これもフレなりに気を使ったいいかたなんだろうけど、事実上の「僧侶してくれたほうがマシ」ってことですよね。<br /><br />ぼくは次の試合から僧侶に転職し、ロイヤルバッジもつけて、ゾンビのように動いていました。もう全然、気持ちも乗らないまま、何をしていいかも頭が働かないまま、ただもうそこにいるだけ。<br /><br />わかってます。みなさんの反応は。<span style="color:#FF00FF">「悪いのはお前」「地雷」「フレがかわいそう」「おまえはオンラインゲームに向いてないからとっととやめろ」。</span><br /><br />ぼくもそう思います。ぼくはその時点で、いちど、このスライムのキャラを使って難易度を低めに調整しただけのドラクエでもなんでもないよくあるオンラインゲームの衰退の道を順調に歩みつつあるこの何かを引退するかどうか、気持ちを落ち着かせて考えたかったので、「今日はもう抜けるよ。足手まといだし」と言いました。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/769d.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/769d.jpg" alt="769d.jpg" border="0" width="300" height="345" /></a><br /><br /><span style="color:#660000">楽しめた雰囲気が少しでも伝われば…</span><br /><br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />もう一度書きますが、<span style="color:#FF00FF">オンラインゲームをしていて一番つらいのは、大切なフレンドにもついていけなくなり、足手まといになってしまったと実感したときだと思います。</span><br /><br />そしてぼく以外のフレ3人が敵の構成をみて話していることも、ほとんどわからなかった。もっというと、みじめだった。<br /><br />けっきょく、ぼくは装備品でキャラをつくるのが好きなので金策メインでがんばってきたところへブログにほとんどの精力を使ってきたのに対し、フレたちは装備面でトップを目指すのはとうにあきらめ、コロシアムで勝つことに活動の軸足を置いてきていたので、ギャップがすごいんです。<br /><br />でも、フレはぼくに対してこういったんですね。<br /><br />「一緒に考えよう。やろう」って。それこそ矢を放ち続けるようにように同じようなことを繰り返し。そしてなかば強引にエントリー。<br /><br />もちろん、うれしかったですよ。そのフレは前にも「りゅーたくんまでいなくなったら、俺もつづけられなくなる…」みたいなことを言っていたので、まあその…いろいろあるんだろうけど、ここまで言ってもらえるのは、そりゃあうれしいよね。<br /><br />ぼくは、このフレたちと楽しく遊べるようになるために、もっとコロシアム練習していこうかなと、いまでは思っています。<br /><br />……。<br /><br />ところがですね。次の日に、ぼくが鯖1で他のフレとコロやってたら、上の話のときのフレたちと偶然オートマで闘うことになっちゃって…勝っちゃったんですね、ぼくのPTが。<br /><br />しかもですね…もはやこのゲーム、即シャキだけど過疎っかそなので、また当たっちゃうのねw …そこでもまた勝ってしまった。。<br /><br />それはそれで、フレのプライドを傷つけてしまったと思う。。ぼくは何も声をかけてあげられなかった。<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />これが今の、ぼくの「ドラゴンクエスト10」です。<br /><br />考えて書いてるというより、気持ちをただ並べただけなので、文章が下手ですいませんm(__)m<br /><br />ただなんていうんだろ…。もうゲームをしているという感覚はないんです。りっきーがドラクエという元ネタをどう料理してアプデするのかもすでに興味ゼロです。<br /><br />例えるなら…公園?<br /><br />ブランコとか、すべり台とか、公園で遊びたいから友達をつくるわけではないですよね?<br /><br />大好きな友達と遊びたいから、てきとーな場所として公園を利用しているだけですよね。<br /><br /><span style="color:#FF00FF">ぼくにとってドラクエ10は公園になりました。<br /></span><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/769f.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/769f.jpg" alt="769f.jpg" border="0" width="600" height="334" /></a><br /><br /><span style="color:#660000">写真と記事本文中のフレはまた別です。</span><br /><br /><br />ロールプレイングゲームとしてはもう期待したい気持ちすらなくなったので、魔法使いにこだわる意味もない。とりあえずいろんな職をカンストして、旅芸人とかも出せるようにして、フレの竜牙石金策とか一緒にできるようにしようかな。<br /><br />(ならソロプレイヤーはどうすればいいのか、といわれれば…また別の問題になってしまいますね…)<br /><br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />ここで、みなさんにひとつお詫びがあります。<br /><br />まえに<span style="color:#FF00FF">「ルーム作ることを考えています」</span>といいましたが、やっぱり無理です。ごめんなさい。<br /><br />ブログで知り合った人とはフレとしてやっていくのは非常に難しいです。<br /><br />なぜかというと、「ブログでいいこと書いてたから、フレになりたくなった」ってことだと、ブログでいいこと書かなくなったら、ぼくのこと嫌いになっちゃうでしょw 「前はいいこと言ってたのに、今はもうだめ」となるに決まっている。<br /><br />意見の違いを超えて分かり合える人じゃないと、友達として心を許して遊べません。声もかけづらいです。<br /><br />ぼくはその人の悪いところ、考えや好みの違うところまでぜんぶひっくるめて、つきあうのが友達だと考えています。<br /><br />皆さんご存知のように、ぼくにも悪いところはいっぱいあるし、イスラム原理主義者も裸足で逃げ出すほどのドラクエ原理主義を親から引き継いでいて(親はとうの昔にドラクエ10を見限った)すごいガンコです。それによく、ふてくされて暴挙に出ます。<br /><br />だからぼくもフレの良くないところもみんな受け止めているつもりです。<br /><br />フレたちとは、ときには仲間として、ときにはよきライバルとして、ケンカもしつつこれからも一緒に遊んでいきたいし、りっきーに期待することは、ドラクエ10は公園として、フレが休止しても戻ってきたくなるような場として、整備しつづけてくれることです。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/769e.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/769e.jpg" alt="769e.jpg" border="0" width="300" height="344" /></a><br /><br /><span style="color:#660000">ブログでは「ぼくの考えるドラクエとは」みたいな小難しいことを書いていますが、ゲーム内チャットはいつもこんなノリです…</span><br /><br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />ただ、ブログだけでぼくを知っている方とはフレになれないといいましたが、それは上に書いたような理由があるからで、嫌いとか好きとかではありません。<br /><br />意見の違いを気にすることなく、友達としてぼくのすべてを受け入れてくれる人は大歓迎します。<br /><br />ちょっと前になりますが、ぼくがブログをはじめてしばらくのころにコメントをよくくださる方がいて、その方は今年に入ってからコメントくれなくなったんですけど、このあいだ非公開で久しぶりに「まだみてるよ!」ってコメントくれたりして、そういうのホントうれしいです。<br /><br />ぼくの絵を描いてくださる方もいます。文字入りと文字無しの2種類アップしてくれて、気合いが入ってますw ブログ内容は暗めなのに、絵の中のぼくは楽しそうなんですね。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />最後に。<br /><br />ぼくはドラクエの生みの親とされる堀井雄二さんの<span style="color:#FF00FF">「人生はロールプレイングです」</span>という言葉が大好きです。<br /><br />正直、意味はよくわかりませんがw ただ、ロールプレイングすることの喜びを捨ててまで、勝つ価値のあるゲームなんてこの世に存在しないと思っています。<br /><br />ドラクエばんざい!<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1739519:3474"><img src="http://banner.blog.with2.net/?id=1739519&seq=6" border="0"/></a><br /><br /><span style="font-size:large;"><strong>よい記事だと思ったら上の画像をクリックしてね!</strong></span>またみてね★<br /><br /><span style="font-size:large;"><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/" title="★トップページに戻る">★トップページに戻る</a></span>
323

長い長い夏休みの最中に ~ドラクエの中長期展望

2015年2月より続けてまいりましたブログ更新ですが、いったん休止することに決めました。というのも、8月7日から2週間ぐらいゲームにもインできないし、ブログも更新できなくなってしまうからです。理由はきかないでくださいwそういうわけで8月7日から2週間の休止です。これはゲーム内容とかの問題ではなく、完璧にリアル行事の都合です。急にいなくなって「BANされた??」とか「引退した??」とか思われたくないので、事前にお... <a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/766e.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/766e.jpg" alt="766e.jpg" border="0" width="600" height="335" /></a><br /><br /><br />2015年2月より続けてまいりましたブログ更新ですが、いったん休止することに決めました。<br /><br />というのも、8月7日から2週間ぐらいゲームにもインできないし、ブログも更新できなくなってしまうからです。理由はきかないでくださいw<br /><br />そういうわけで8月7日から2週間の休止です。これはゲーム内容とかの問題ではなく、完璧にリアル行事の都合です。急にいなくなって「BANされた??」とか「引退した??」とか思われたくないので、事前にお知らせさせていただくことにしましたm(__)m<br /><br />本当は7月の後半ぐらいにこの記事を出すつもりでいて、だったら、いっそ、もうそこから8月31日まで休んで、心機一転したほうがいいかなーと考えていたのですが、今日まで延びてしまいました。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />さりげなーく、はじめた、ドラクエ10の回想日記<br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/blog-entry-317.html" target="_blank" title="第一話 伝説のオンラインゲーム発売日">第一話 伝説のオンラインゲーム発売日</a><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/blog-entry-318.html" target="_blank" title="第2話 二日目の格差">第2話 二日目の格差</a><br /><br />ですが、続きは更新再開後に書いていく予定です。<br /><br />「昔のことより、今のドラクエを書いてくれよ」と思う方も多いでしょうし、実際、数字を見ると反応は鈍いんですけど、「楽しみにしています」という声もいくつかいただきましたし、ぼくとしてはやる意義を強く感じています。<br /><br />ぼくがこれから力を入れたいのは<span style="color:#FF00FF">「残るもの」「時間がたっても価値が落ちないもの」</span>です。<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><span style="font-size: large; "><span style="background-color: rgb(102, 52, 152); "><span style="color: rgb(255, 255, 255); "> ■ 再開後に力を入れていきたいもの=未来のドラクエ生活    </span></span></span><br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />ブログの花形はやはり速報記事や攻略記事です。<br /><br />これらは更新と同時に多くの人に見てもらえるし、瞬間的にはとても価値のある情報ですので、ネット活動を仕事にしていて広告張って稼いでいるブロガーさんが特に有利な分野でもあります。<br /><br />けど…そもそもルールがコロコロ変わるのがオンラインゲームなので、後に残るものは少ないと思うんですよね。<br /><br />だから魚や野菜みたいに(情報の)鮮度が求められるし、すぐに腐るものだから、休むことなくずーーーっと更新し続けて新しい別のものを生産し続けていかないといけない。<br /><br />それ、いつまで続けるんですか……? と。そして、速報や攻略を送り続けているうちはいいけど、いったんやめたら、もう本当にそれっきりのような気がするんです。<br /><br />ぼくもブログ始めてしばらくは、魔法使いから見た情報、攻略を柱にしていたのですけど、けっきょく一日中ネット活動してるような人たちの朝採れ野菜には時間面で勝てないし、そもそもぼくはお金のためではなく、ドラクエが好きでやっているだけなので、そういうアクセス数稼ぎのための消耗戦に参加する必要もない。<br /><br />その一方で、「あのときあの素材はいくらだった」とか数字とかデータで過去のドラクエ10を語れる人は多くても、ひとりのプレイヤーの目を通して自伝的に過去のドラクエを書き残しきれる人ってあまりいないと思うので、それをやりたいなあと。<br /><br />そして、将来、ドラクエ10がサービス終了したときに、その世界が存在した証、その世界で生きた記憶としてどっちが輝くかと言ったら、その場その場のルール解説や攻略手順よりも、こっちだと個人的には思うので……。<span style="color:#FF0000">10年先を考えて決めましたw</span><br /><br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />というわけで、ネット活動家としてのぼくの将来的な姿は、ドラクエ好きの人から「リュータは今のドラクエについてどう感じているんだろう?」と興味を持って見にきてもらえるような、そしてドラクエ好きの人の集まる場といった感じです。<br /><br />だからこそ、<a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/blog-category-32.html" target="_blank" title="「ようつべ魔法音楽館」">「ようつべ魔法音楽館」</a>は特に重要なコンテンツのひとつだと考えています。<br /><br />良い音楽の魅力は年月を経ても色あせないし、意見の違いも超えますからね。これも10年後、30年後に残るコンテンツと位置付けています。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/766a.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-92.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/766a.jpg" alt="766a.jpg" border="0" width="500" height="278" /></a><br /><br /><br />技術的にもパソコン上で一度完成させた演奏データはプログラムの改良、改善を積み重ねていけるし、将来、自分で好きな音楽ソフトを買えるようになったら、それでさらに演奏や音のレベルを上げることもできるはずなので、残るだけでなく進化していく不滅のコンテンツでもあります。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />とはいっても、再生回数を稼ぐのが目的ではないです。同じくユーチューブでドラクエ音楽をリミックスして有名なプロになったヒャダインさんみたいなのを目指してるわけでもないし^^;<br /><br />うれしかったのはフレが、魔法音楽館を聴いてくれて「ドラクエってやっぱりいいな!」といい、ドラクエ10に復帰してくれたことです。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/766b.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-92.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/766b.jpg" alt="766b.jpg" border="0" width="400" height="337" /></a><br /><br /><br />というわけで、「まだ聴いてないよー」って方も、ゆっくり音楽を聴けるときに、ぜひアクセスしてみてください。<br /><br />特にボリュームを上げて聴いてもらえれば、音のリアルさ、迫力、ち密さが伝わるはずで、ぼくもうれしいです^^<br /><br />また、ドラクエ以外の音楽も上げていく予定ですが、ゲーム音楽が好きな人なら神曲と思ってもらえるものだけを取り上げるので「知ってる曲しか聴かないよ」なんていわずに、ここはぼくのオススメを信じて繰り返し聴いてみてくださいね。<br /><br /><span style="color:#FF00FF">きっと、その後の音楽生活がさらに豊かになることうけあいです。<br /></span><br />「DQの音楽の魅力再発見!」と「DQから広がる音楽の世界」がテーマの楽しい音楽館ですので、ごひいきに! <br /><br />次の音楽データはすでに高い次元で、できあがっているので、土曜日にアップする予定です。<br /><br />ブログを「お昼休みにみてるよ」って人もいるそうなので、平日よりは休日に家でゆっくり良い音で聴いてもらいたいし、土曜日にアップするのがいいかなと考えています。<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><span style="font-size: large; "><span style="background-color: rgb(102, 52, 152); "><span style="color: rgb(255, 255, 255); "> ■ ドラゴンクエスト10の今度の見通し    </span></span></span><br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/766c.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-92.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/766c.jpg" alt="766c.jpg" border="0" width="400" height="388" /></a><br /><br /><br />肝心のドラクエ10のゲームについてですが、かなり厳しいなーとみています。<br /><br />ぼくは<a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/blog-entry-309.html" target="_blank" title="DQXTVで3.3後期情報が出る前に予言していたとおり">DQXTVで3.3後期情報が出る前に予言していたとおり</a>3.3後期は三か月近い長丁場になると見込んでいます。<br /><br />で、3.3後期アプデ後の昨日までの全体的なイン状況や、自分で遊んでみた感じからして、これはかなり厳しいと。<br /><br />ゲーマーの人は「やりこまないで何がわかる」とおっしゃるでしょうが、そもそも軽く遊んでみただけで面白さが伝わらないようでは、ふつーの人は、そっから先、やりこまないですからw<br /><br />逆にゲーマー的にも、今のドラクエ10に残ってる人は、毎日けっこうな長時間インし続けているような人が中心で、新しいコンテンツはすぐに消化してしまうタイプだから、アプデ後しばらくしてからの活気の落ち込みは、以前よりもかなり速く訪れるはずです。<br /><br />このゲーム内容の複雑化と、その結果としてのプレイヤーの選別、残った人のコンテンツ消化率の加速度的スピードはすべてつながっているものであり、よくあるオンラインゲームがこれまでもおちいってきた袋小路でしょうから、もう並大抵のことでは修正がきかないでしょう。<br /><br />せっかく「ドラゴンクエストのナンバリング」という国内で最も恵まれた条件でスタートしながらも、けっきょくバトンを受け継いだオンラインゲームのエリート開発者たちが<span style="color:#FF00FF">「オンラインだから仕方がない」と言い訳に走ってしまった結果</span>の、八方ふさがりです。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />けれども、ぼく個人としては、意外にも? さいきん、ドラクエ10で過ごす時間がとても楽しいし、いろいろ起きています。<br /><br />なんでかっていったら、単純に夏休みになって休止していたフレがけっこう戻ってきてくれたからです。<br /><br />そしてこういったフレンドは、ドラクエ10がいかにクソゲーであるかを、ぼくよりも早い段階で見抜き、それでも自分で楽しみを見つけて、こうして戻ってきてくれた人たちばかりです。<br /><br />フレンドについてはかなり熱く語れますw<br /><br />つぎの記事のタイトルは「フレンドのちから、コメントのちから」(予定)かな? 8月6日までは更新を続けます。<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1739519:3474"><img src="http://banner.blog.with2.net/?id=1739519&seq=6" border="0"/></a><br /><br /><span style="font-size:large;"><strong>よい記事だと思ったら上の画像をクリックしてね!</strong></span>またみてね★<br /><br /><span style="font-size:large;"><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/" title="★トップページに戻る">★トップページに戻る</a></span>
322

とうとうチャットにすらついていけなくなりました

昨日の午後の話。フレとかチム欄みてたら、みんながスレア海岸にいるので、なんだろう?と思って聞いてみました。「モンスターが7匹でるから」はい。フツーに意味わかんないですね。さらに話を聞くと、「破片」とやらを落とすらしい。これは知ってる。公式のアプデ情報ぐらいは今でもみてるので。タロットコインの破片ね。ところがですね。べつのフレがそのあとルームで「コインたくさんたまった」とか言ったんだけど、ぼくには何... <a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/768a.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/768a.jpg" alt="768a.jpg" border="0" width="600" height="338" /></a><br /><br /><br />昨日の午後の話。<br /><br />フレとかチム欄みてたら、みんながスレア海岸にいるので、なんだろう?と思って聞いてみました。<br /><br /><span style="color:#FF00FF">「モンスターが7匹でるから」</span><br /><br />はい。フツーに意味わかんないですね。<br /><br />さらに話を聞くと、「破片」とやらを落とすらしい。これは知ってる。公式のアプデ情報ぐらいは今でもみてるので。タロットコインの破片ね。<br /><br />ところがですね。べつのフレがそのあとルームで<span style="color:#FF00FF">「コインたくさんたまった」</span>とか言ったんだけど、ぼくには何のコインのこと言ってるのかわからないんですね。聞くと「タロットコイン」だって。<br /><br />なに書いてるのか、自分でも、もうめちゃくちゃだなと思います。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />占い師がついていけません。<br /><br />チムチャではSで全部デッキ埋めてるかどうかとか、SS8枚あるとか、わたぼうがどーかとか、みんなツイッターやブログで情報集めてプレイしてるんですね。<br /><br />前から書いているように、ぼくは、もう長いこと、ネットでドラクエ10の情報は公式のもの以外、ほぼまったくみてません。そのほうが面白いと思ったから。自分でゲーム内で発見したり、感じたり、考えたほうがきっと面白いと思ったから。<br /><br /><br /><span style="color:#FF0000"><span style="font-size:x-large;">結論→つまらないです</span></span><br /><br /><br />面白くなるどころか、どんどんドラクエ10への興味が薄れていくんです。きのう、ついにドラクエ10への情熱が絶対零度になったのを自分の中で感じました。<br /><br />だって、まったくついていけないんだもん。フレが楽しそうに話してるチャットの中身すらわからないレベルで。<br /><br />ニート級に遊べる人ならいいよ? でも、そうでないなら、「自分の目でゲーム内で発見したい」とか「自分で考えて見つけたい」とか甘いこと言ってたら、フレとか周りからガンガン取り残されていくだけなんですね。<br /><br />あと、もうひとつ致命的なのが他人との競争意識が芽生えないことかな。<br /><br />ツイッターとかブログとかで最新のおススメ装備とか攻略とかみてると、やっぱり<span style="color:#FF00FF">「あー俺もやんないと置いてかれちゃう」</span>って思うし、あと基本的にゲームで人を見下したり小馬鹿にしたりするのが大好きな人種が多いから、負けたくないという気持ちもでてくるんだろうね。<br /><br />で、そういうのまったく目にしないで、ひとり、ぽつぽつとできることだけプレイしてるとですね…ぼくのようになってしまいますよ。という話です。<br /><br />たぶん、誤解してる人も多そうなので、この際はっきりいっておきますが、今どきの魔法使いがどんな装備して、どんなステータスなのかとか、まーったく知りませんから。ほんとに。べつに知りたいとも思わないし。正直。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />ここまでいうと、ドラクエ10を馬鹿にしてるように聞こえるかもしれないけど、そうじゃないです。<br /><br />これがゲームの正体なんだと気づきました。<br /><br />ゲームって人との競争、駆け引き、戦いのことをいうんですよ。<span style="color:#FF00FF">ひとりでコツコツやるジグゾーパズルをゲームとは言わないでしょう?</span><br /><br />ドラクエ10は基本、対人ゲームではなくて協力ゲームだけど、でもでも、他人より高いステータスにしたいとか、まわりより速く称号をとりたいとか、短いタイムで倒してみたいとか、いろいろ競争意識があるでしょう。<br /><br />つまりですね…ゲーム性の良しあしとか実はあまり関係ないんじゃないかと思う。<br /><br />ドラクエ10は装備とか実は二の次で、ほぼPSと呼ばれているものが結果を左右するバトルシステムになっていると思いますが、それと同じで、ゲームを面白いと感じるために必要なのはゲーム性ではなく、いかに自分の中に競争意識を育むかだと思います。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />もっというと、オフラインのドラクエって、プレイ内容としては単調で簡単な作業やおつかいなんだけど、ストーリーや世界観の魅力で、その単純なプレイ内容に意味をもたせるわけです。それで引っ張っている。<br /><br />一方で、ドラクエ10のようなオンラインゲームだと、ストーリーで引っ張ることができる時間は、全体の中のごくわずかなんです。<br /><br />そのかわりに、ブログとか、2ちゃんねるみたいな場所とか、ユーチューブにアップされる動画とか、そういう外部コンテンツがプレイヤーの競争意識を駆り立てて、プレイ内容に意味をもたせてるんです。それで引っ張ってる。<br /><br />ぼくの場合、今年になってから、この競争意識を駆り立てる場からどんどん自分を遠ざけていったので、ここまで意欲や興味がうせてしまったというわけです。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />というわけで、ドラクエ10をこれからも楽しんでいきたいと思っている方へ。<br /><br /><span style="color:#FF0000">ツイッターやブログで情報収集することをおこたらないでください。プレイ動画も極力みて、競争意識を決してたやさないでください。</span>でなきゃ、ぼくみたいになっちゃいますよ…<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><br /><br />ぼくは…これからどうしよう?<br /><br />とりあえず、ダークキング1レベルは倒しました。フレが行こうというので。フレ+野良2人で。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/768h.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/768h.jpg" alt="768h.jpg" border="0" width="300" height="172" /></a><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/768g.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/768g.jpg" alt="768g.jpg" border="0" width="300" height="289" /></a><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/768f.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/768f.jpg" alt="768f.jpg" border="0" width="300" height="298" /></a><br /><br /><br /><span style="color:#FF00FF">もちろん「僧侶」です。</span>ちなみに仲間がうまかったらしく、初肉入り、一発勝利でした。<br /><br />だって、仕方ないじゃない。ぼくはなにも知らないんだもの。ほんとーに何も見てないし、なにもしてないから。フレが言うとおりにするしかない。<br /><br />…笑っちゃうよねw<br /><br />このブログ始めたころはさ、<span style="color:#FF00FF">「このボスはこの耐性が必要」</span>ってネットで言われてる中、<span style="color:#FF00FF">「いや、耐性いりませんから」</span>とはねつけ続けてさ、叩かれていたぐらいなのにねw 一般的に魔法に席がないボスでも、野良でも絶対に魔法で突撃してたしね。<br /><br />今では言われるがままです。フレの中でも最弱なので。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />ダクキンは僧侶でフレと一緒に攻略していきたいなーと思っています。<br /><br />フレは野良で4攻略を目指してる最中だけど、それとはべつにフレともやりたいそうなので。<a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/blog-entry-151.html" target="_blank" title="少年たちのキラークリムゾン">少年たちのキラークリムゾン</a>のときは、結局フレの役に立てなかったからね…今度こそは、という想いもあります。<br /><br />…それに、ほかにフレと一緒に遊べるものもないんだよね。<br /><br />ぼくは、フレとわいわいチャットしながら気軽にプレイできればそれで満足なんだけど、それが許されるコンテンツってもうやりつくしたような古いのしかないからね。。<br /><br />ちなみに昨日は昼の空いている時間に、ナドラガンドの新討伐をやってみました。<br /><br />これは提案広場での<span style="color:#FF00FF">「ナドラガンドでもレグとかに行けない人が気軽に遊べるコンテンツが欲しいです」</span>という要望に対して、りっきーが<span style="color:#FF00FF">「わかりました。気軽にできる遊びを用意します」</span>といって、できたものだけど、ちょっとこれ、遊びと言っていいものなのかどうか個人的にかなり謎なレベルですね。<br /><br />ぼく的には、<span style="color:#FF00FF">「ナドラガンド大クイズラリー」</span>とかのほうがマシだったかなーと思っています。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />占い師…<br /><br />最初に書いたように、なんの情報もネットでみてないぼくには、なにが面白いのかよくわかりませんでした。<br /><br />とりあえずスライムのカードをポチポチ合成していって、それでお試しにデッキを組み、戦ってみましたけど、他の職業なら計画的に行動を組めるところを、タロットの運任せで行動をしばられて何が面白いのかこれだけでは伝わりませんでした。戦闘中も面倒くささとストレスだけを感じて、とくに楽しさは見当たりませんでした。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/768e.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/768e.jpg" alt="768e.jpg" border="0" width="500" height="311" /></a><br /><br /><br />これはバトルを楽しむというより、カード集めや、デッキを組むことを楽しむものですね。<br /><br />ぼくはドラクエとは、バトル中の行動操作を楽しむものではなく、苦労して集めたあこがれの装備品のステータスがバトルで数字になって実感できるのが楽しいものだと思っているので、ある意味、占い師はドラクエっぽいですね。<br /><br />これはやっぱりブログとかツイッターで最新の情報をみて、<span style="color:#FF00FF">「このカードだけは絶対欲しい」</span>とか<span style="color:#FF00FF">「このデッキが最強」</span>とかいうのを真似するのが楽しむコツだと思う。そうやって自分の競争意識を奮い立たせていかないと。<br /><br />それにシステムもここまでくると、自分ひとりで整理して考えるにはちょっと複雑で面倒くさいし、なにより、まわりについていけませんから。<br /><br />結構前に、かなり有名な攻略記事を書いているブロガーさんに話を聞いたことあるんですけど、やっぱりほかの人のネット情報をみて書いているそうです。<br /><br />そりゃそうだよね。自分ひとりですべてを発見するなんてここまで複雑で膨大なデータのゲームになったら無理です。情報を共有しあって、その中に自分だけの何かを少しでも足せればよしとしないと。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />長くなったのでここでしめます。<br /><br />次回、このブログをみてくれている方にちょっとした報告がある予定です。良い情報ではなくて、はっきりいってしまえば悪い方の情報ですけど、本当にたいした話じゃないです。ええ。<br /><br />ドラクエ10は…フレと遊んでいきたいのでつづけますけど、なかなか一緒に遊べるものがなくてツライところですw ついていけなくて…<br /><br />ついていけないといっても大人ではなく、<span style="color:#FF00FF">中学生とか高校生のフレについていけない</span>という話です。<br /><br />気が付いたら、学校で「ゲーマー」と認められている人とか、やっぱり毎日長時間インしてる人とか、そういう何だかんだやりこんでる人しかやっぱり残ってないんだよね…<br /><br />たぶん、これ、ドラクエ10全体にいえると思う。<br /><br />ダークキング1を倒した感想としては、<span style="color:#FF00FF">「いったい日本の総人口のうちこれを楽しめる人は何%いるんだろう? 1%もいるわけないよな…」</span>と思わせるものでした。<br /><br />みんな「1は簡単」っていうけど、それはゲーマーが言っているだけで、ぼくも運よく一発で勝てましたけど、かなり難しいし、「ゲームは息抜きとして気軽に楽しみたい」という人にはかなり辛いものがあるとぼく個人は思いました。<br /><br />そしてゲーマーはゲーマー同士で<span style="color:#FF00FF">「金策ルーム」</span>とか<span style="color:#FF00FF">「邪神ルーム」</span>とか、そういうふうに選ばれしもののみでどんどん閉塞的な社会をつくっていく。コロシアムも、もう普段からやりこんでる人ぐらいしか残ってないしね。<br /><br />8月25日は占い師のみの邪神4獄がはじまるそうですが、これも、強いデッキや回復デッキも組める人だけを集めた<span style="color:#FF00FF">「4獄占い師ルーム」</span>に加われる人たちと、オートマで行く人の間で、大きな格差がうまれるんだろうな…<br /><br />まあ、そもそも1獄すらずっと行っていないぼくには関係のない話ですが…<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />もう何も言えません…すべて仕方ないことだと思うので。<br /><br />ぼくは本当にただのドラクエが好きなだけの超ライトとしてはじめて、ここまでやってきましたが、結論としては、けっきょくネトゲはゲーマーのものだし、気軽に楽しめるものではないんだな、ということでした。<br /><br />今日の話としては、とりあえず、ツイッターとかブログみて、プレイ動画もみるぐらいでないと、ネトゲはモチベーション的にもついていけないよ、という身をもって実感した体験談ということにさせていただきますm(__)m<br /><br />ここから再びほかの人のブログとか見るようにして、昔のようにモチベが回復するかどうかは自分でもわかりません。<br /><br />けっきょく、ゲームが好きじゃなかった、ということなのかもね。以前も書いたように、ぼくはドラクエはゲームだと思っていない人間なので。<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1739519:3474"><img src="http://banner.blog.with2.net/?id=1739519&seq=6" border="0"/></a><br /><br /><span style="font-size:large;"><strong>よい記事だと思ったら上の画像をクリックしてね!</strong></span>またみてね★<br /><br /><span style="font-size:large;"><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/" title="★トップページに戻る">★トップページに戻る</a></span>
321

ドラクエが好きだからポケモンGOをやる ~前編

なんだか悔しいね…いろいろと。あらかじめいっておくけど、「ポケモンGOはこんなに素晴らしい! それに比べてドラクエ10は…」と叩く記事ではありません。ただこれだけはいえる。ドラクエが好きな人がいまやるべきゲームは、ポケモンGOだと。●ポケモンGOの本質は、「何もしなくていい」ことだと思った。朝起きます。スマホを手に取ってみます。すると、ぼくのベッドのなかにニョロモがいました。ぼくがいつも朝、通る道を歩い... <a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/767a.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-92.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/767a.jpg" alt="767a.jpg" border="0" width="600" height="332" /></a><br /><br /><br />なんだか悔しいね…いろいろと。<br /><br />あらかじめいっておくけど、「ポケモンGOはこんなに素晴らしい! それに比べてドラクエ10は…」と叩く記事ではありません。<br /><br />ただこれだけはいえる。ドラクエが好きな人がいまやるべきゲームは、ポケモンGOだと。<br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />ポケモンGOの本質は、「何もしなくていい」ことだと思った。<br /><br />朝起きます。スマホを手に取ってみます。すると、ぼくのベッドのなかにニョロモがいました。<br /><br />ぼくがいつも朝、通る道を歩いてみます。今度はアーボがいました。<br /><br />そして昔からよく知っている場所が「ポケストップ」(アイテム補給ポイント)になっています。<br /><br />つまり、普通の人のいつもどおりの生活スタイルがそのままゲームプレイになるのです。もちろん歩きスマホは危険です。だけど、普段の生活の中で、ちょっと足をとめてみる。すると、それだけでゲームの世界が広がるのです。ポケモントレーナーになれます。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/767b.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-92.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/767b.jpg" alt="767b.jpg" border="0" width="300" height="297" /></a><br /><br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />これはみんなが飛びつくわけだ。<br /><br />テレビで報道されているポケモンGO現象は大げさでもなんでもなく、事実であることを街を歩けば実感できます。<br /><br />ゲーム好きそうなニイちゃんはもちろんのこと、絶対にゲームなんてしてなさそうだった綺麗に化粧した美人のオネーさん、ベンチに座っている頭がつるつるのオジイさん、デート中の彼氏彼女、公園のそばを散歩している親子。<br /><br />こういう人たちのスマホをちょっと横目でのぞきこんでみると、やっぱりポケモンGOなんです。<br /><br />人の多い繁華街に行くと、普段は待ち合わせスポットとか、駅前とか、そういう場所の壁際にずらっと並んでみんながスマホをいじっている光景ならこれまでもよくみましたが、ポケモンGOが日本に配信されてから、その様子もまた変わりました。<br /><br />駅から離れた、なんでもない道端にまで、スマホをいじる人の列が現れたのです。そういうのをみていると、なんだかすごい楽しくなります。面白おかしいです。ゲーム世界がこんなに簡単にリアル世界を変えてしまったとは!<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/767c.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-92.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/767c.jpg" alt="767c.jpg" border="0" width="400" height="334" /></a><br /><br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />ポケモンGOは、子供からお年寄りまで、ふだんゲームしない人もふくめ、「いつものままの自分」を「ポケモントレーナー」に変えてくれるロールプレイングゲームです。<br /><br />あれ?? これって、本来ドラクエの役割だよね? と思うのはぼくだけでしょうか…<br /><br />「新しいゲーム体験」<br />「プレイ開始10分で伝わる魅力」<br />「ふだんゲームをしない人でも始めやすい」<br /><br />もちろんポケモンGOは素晴らしいゲームでドラクエ10はダメだというわけではありません。<br /><br />ポケモンGOもジムに行けばわかりますが、すでにガチ勢が占拠していて、ふつーの人がいくと一方的にボコられます。<br /><br />ガチ勢は課金アイテムをガンガン使って、ポケモンを大量におびきよせ、次々と進化、強化させているのですさまじい格差社会です。たぶん、ポケモンGOのためだけに都心に出かけて、人の多いところでいろいろやってるんじゃないかなあ? <br /><br />だけど、そんなことしなくても、ポケモンGOという体験自体が今は新鮮であり、お祭りに参加している感もあるので、ぼくでもマイペースに楽しめているわけです。<br /><br />ぼくはいまレベル6で課金もしていないし、ネットで攻略情報もまったくみていません。いまは、ポケモンを捕まえるよりも、面白い「ポケストップ」を発見することが一番の楽しみになっています。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/767d.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-92.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/767d.jpg" alt="767d.jpg" border="0" width="600" height="360" /></a><br /><br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />ぼくがこの記事を書こうと思ったきっかけは、いただいたコメントとか、昔、ぼくのブログを応援してくれていたフレの冒険日誌をみて勇気づけられたからです。<br /><br />今日いただいたコメントは「闇のストーリー終わったからネタバレ避けてたこの記事読みに来た。」という人のものです。<br /><br /><br /><span style="color:#0000FF">どうしてここはこんなに反対意見ばかりがコメントされるんだろう。 <br />コメントする層が偏ってるんじゃ無いのか? <br />そして、そんな強気な声ばかり目立って、 <br />もっと気楽に楽しいことだけをゲームに求めてる層は、 <br />黙っているんじゃないかなあ。 <br />声高な連中が声なき層を駆逐する構図はすごく嫌い。 </span><br /><br /><br />…それはですね。賛成コメント、応援コメントもあるんです。ただ、このコメントもそうですが、そういうコメントに限って、いつも公開を希望しないものばかりなので、紹介できないんですよ^^;<br /><br />「アンチコメントが多いからそれ以外のコメントを書き込みにくい」という声はこのあいだもいただいて、でも、なかなか難しいところです。ちゃんと自分の意見を書いている反対意見はやっぱり、承認するのが筋だと思うので。<br /><br />あと、やっぱりぼくのブログぐらいのランキングにまでみにきてくれる人は、ガチ勢が多いんじゃないかな?<br /><br />ぼく自身がそうだからよくわかるんだけど、ゲームの強い弱い、上手い下手って、ドラクエ10のようなゲームならなおのこと、ネットでの情報収集意欲次第の面もあるからねえ。ぼくは、一位のブログすらみませんから。あとはやっぱり一緒にプレイすることの多い人の影響だよね。<br /><br />つまり、けっきょくふつうのプレイ以外にかけられるゲームのための時間なんですよ。ゲームをプレイしていないときもゲームのことを考え、情報収集する時間。ほかのガチ勢とのお付き合いを維持していけるための余白の時間。<br /><br /><br /><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/img/767e.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-92.fc2.com/d/q/1/dq10ryuta/767e.jpg" alt="767e.jpg" border="0" width="600" height="435" /></a><br /><br /><br /><span style="color:#CC6600">●</span><br />それはともかくとして、ぼくは最近、りっきーからアプデ情報を通じて「強い人は引き続きダークキングなど同じバトルの周回をお楽しみください。それ以外の人にはこれまでクイズを楽しんでいただいていましたが、これからはレースをお楽しみください」という回答をいただきました。<br /><br />なんていうかなあ…クイズやレースじゃなくて、ドラクエを楽しむためのハードルが異様に高いんだよね。でなきゃ、ピラ、試練という2年も3年も昔のコンテンツをずっとやってなさいという。<br /><br />コメントではこうもいただきました。<br /><br /><br /><span style="color:#0000FF">主は身勝手でもあるけど弱い者の声を拾うところが長所だと思う。 <br />魔法使いという、常に弱さも併せ持つタイプだからだね。</span><br /><br /><br />…ぼくは別に弱者の味方じゃないですよ^^; 本音を言えば、格差は大きければ大きいほどプレイ意欲は増すので、ゲームとしては楽しくなると思っています。<br /><br />ただ、それは度が過ぎると、もはやドラクエじゃねーだろと。<br /><br />あと、ぼくを「魔法使いだから」とみてくれたことがうれしかった。強いとか弱いとかじゃない。一人の人間として魔法使いとしてみてくれたことが。<br /><br />そうなんですよ…ドラクエって本来、ロールプレイングゲームだから。<br /><br />これまで欲しくもあこがれもしなかった条件の耐性装備をみんな横並びで買うことを強要されて、レーザー光線よけつつ、ステータスとは関係ないアイテムを投げまくって「バトルたのしー」とかいうゲームじゃないですから。<br /><br />また別の方からは「正しいドラクエなんてない」って意見もいただいたんですけど、これまでのドラクエ10開発者の証言から「ドラクエらしさとは、ドラクエとは?」という部分で常に悩んでいたということははっきりしているし、ドラクエ10の武器って、これまでのドラクエを支えてきてくれた層の厚いドラクエファンなのだから、「正しいドラクエ」ってぼくは大事だと思うのだけどね。<br /><br />そして、そのドラクエの良さを味わいたいなら、ぼくは「<span style="color:#FF0000">いまのうちに</span>ポケモンGOやっておいたほうがいいですよ」と思っています。<br /><br />次回はこの「いまのうちに」の部分の意味をぼくなりに解説します。<br /><br />後編につづきます…<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1739519:3474"><img src="http://banner.blog.with2.net/?id=1739519&seq=6" border="0"/></a><br /><br /><span style="font-size:large;"><strong>よい記事だと思ったら上の画像をクリックしてね!</strong></span>またみてね★<br /><br /><span style="font-size:large;"><a href="http://dq10ryuta.blog.fc2.com/" title="★トップページに戻る">★トップページに戻る</a></span><br />
    Return to Pagetop
    まつげケア